【2040年】②6Gの到来!あなたはこんな未来を想像できた?

僕たちの未来
スポンサーリンク

②6Gの到来!あなたはこんな未来を想像できた?

今回は、「2040年の未来予測」から、こんな悩みを解決します。

  • 6Gはいつくるの?
  • 6Gでできることは?
  • どのくらいで広まるの?

6Gは、2030年代にくる。

最近では「5G」が話題ですが、もう「6G」の準備をする必要があるかもしれません。

世代は、10年ごとに入れ替わっている。

G(世代)は、10年ごとに変わっているんです。

  • 1G 1980年代
  • 2G 1990年代
  • 3G 2000年代
  • 4G 2010年代
  • 5G 2020年代
  • 6G 2030年代

テクノロジーが広まるまでには5年かかる。

技術の浸透スピードにも注目する。

テクノロジーが人々の生活に浸透するのに5年かかるわけです。

このことから予測できる未来は

2025年には

  • 5Gのテクノロジー
  • VR・自動運転が普及し、浸透している

2030年には、

  • 5Gが完全に浸透し、
  • 6Gが普及し始める。

という未来が予想できます。

未来を予測することは難しい理由。

本当は、誰でも未来を予測できる

【2040年】未来はどうなるの?「未来予測」が難しいわけ。
未来って予測できるの?

「6G」でできるようになる3つのこと。

①自動運転、無人販売

現在でも、無人レジありますが。

6Gでは、

  • 完全に無人
  • 自動運転ができる
  • 無人店舗ができる
自動運転や無人店舗が実現しています

シリコンバレーをはじめ、世界中で実用化に向けて動いてます。

②VR、ARグラス

  1. テレビやスマホなどのモニターがなくなる。
  2. 両手が空き、歩きスマホなどもなくなるかも。
  3. 人の情報やモノの情報をメガネで見ることができるかも。

③ZOOMリアルタイム翻訳

翻訳のデータは、たくさん集まってきている。

  • リアルタイムでのオンライン会議でも、翻訳が可能。
  • 海外の人との交流が簡単にできる。
  • 海外とのビジネスが簡単になる。

まとめ

  • 6Gは、2030年代には普及する。
  • G(世代)は、10年ごとに変わっている。
  • テクノロジーのは浸透までに、5年かかる。
  • VR・自動運転が普及しているかも。
  • AR/VRグラスで人や物の情報が一目でわかる。
  • Zoomのリアルタイム翻訳が可能。

以上です。ありがとうございました!


参考文献

著書:「2040年の未来予測」

 

著者:元日本マイクロソフト社長

成毛 眞
成毛 眞さんの後を追って、Amazon.comの成毛 眞の著者ページから参考資料を探します。
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました