【行動力】行動する人しない人の5つの違いについて徹底解説!

自分を変えるために
スポンサーリンク

行動する人しない人の5つの違いについて徹底解説!

今回は、行動できる人できない人を比べていきたいと思います。

  1. 考え方」が違う。
  2. 時間の使い方」が違う。
  3. 問題の対処」が違う。
  4. 欲しいもの」が違う。
  5. 見ていること」が違う。

こんな時に活かせる行動力

  • 変化に対応する必要があるとき
  • トラブルが起きたとき
  • 新しいことを始めるとき

①「考え方」が違う

  • 行動できない人は、答えのないことを考える。
  • 行動できる人は、今できることを考える。

行動できない人は、「答えのないこと」を考え続ける。

例:自分は感染症にかかるのか?

  1. 不安になる。ストレスになる。
  2. 冷静でいられなくなる。
  3. 行動できなくなる

行動できる人は、「今できること」を考える。

答えのない問いは考えない。できることを考える

例:感染症にかからないためにできることは?

  1. ワクチンについて考える。
  2. ワクチンについて調べる
  3. ワクチンを打たないべきか。打つべきか判断する。
過去じゃなく今を見るために。
【嫌われる勇気】僕の人生を変えてくれた1冊の3つの教え
大ヒットベストセラー「嫌われる勇気」

②「時間の使い方」が違う

  • 行動できない人は、「情報」を浴び続ける
  • 行動できる人は、「時間」を大切にする

行動できない人は、情報を浴び続ける

  1. 不安すぎる。
  2. 情報を延々と集める
  3. 情報収集で終わる
  4. 生産性が0になりがち。
時間がなくなる原因。

行動できる人は、「時間」を大切にする。

時間の大切さをわかっている

  1. 信頼性の低い情報を判断する。
  2. 時間がもったいないと思う。
  3. しない。
情報を判断して、24時間を充実して使う。

③「問題への対処」が違う。

  • 行動できない人は、「誰かのせい」にする
  • 行動できる人は、「自分のケア」をする

行動できない人は、「犯人」をさがす

不安の原因を誰かになすりつけたい

  • 同僚、上司、会社
  • 家族、友人
  • 政府、国
  • お金持ち

誰かに自分の責任を取ってほしいと思う。

行動できる人は、「自分のケア」をする

自分のメンタルの状態を観察してケアの手段を持っている

  • 運動
  • 音楽
  • 食事
  • 映画
自分にとって本当に大切なもの。

④「欲しいもの」が違う

  • 行動できない人は、「何もかも」欲しがる
  • 行動できる人は、「自分が欲しいもの」を求める

行動できない人は、「何もかも」欲しがる

優先順位を考えられない

  1. 自分の価値観がはっきりしていない
  2. 世間的に『良い』とされているものをすべて揃えたい。
  3. 何もかも欲しくなる。

行動できる人は、「自分が欲しいもの」を求める

自分の優先順位を知っている

  • 世間の認めるものじゃない。
  • 自分の欲しいものを優先する。
優先順位を決めるために。

⑤「見ていること」が違う

  • 行動できない人は、「思い込み」で悩む。
  • 行動できる人は、「事実」を見る

行動できない人は、「思い込み」を「事実」と考える。

考えうる最悪のシナリオ=「事実」という思い込み

  1. ○○かもしれない…
  2. ○○だろう…
  3. 行動できない。

行動できる人は、「事実」と「予想」を区別する

  1. 事実をもとに考える。
  2. 行動したらどうなるか予想する
  3. 起きることをもとに備える
事実を集めるためのSNSの使い方。

まとめ

行動できない人と、行動できる人の5つの違い。

  1. 考え方」が違う。
  2. 時間の使い方」が違う。
  3. 問題の対処」が違う。
  4. 欲しいもの」が違う。
  5. 見ていること」が違う。

行動できない人の原因は、不安。

  1. 不安に心を支配されてしまう
  2. 考えることをやめてしまう。
  3. 行動もやめてしまう。
不安の1つ。人と比べること。

以上です。ありがとうございました。

参考文献

行動力がある人に共通する特徴と高める方法|グロービスキャリアノート
行動力は、外部環境の変化が激しく、個々人が主体的に動ける組織の重要度が増している中、転職や就職活動の自己PRでも重視されるスキルの1つです。行動力がある人の特徴と高めるためのコツを紹介します。
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました