【脂肪】あなたのお腹の脂肪がとれない2つの原因と解決策

健康に生きるために
スポンサーリンク

あなたのお腹の脂肪がとれない2つの原因と解決策

  • お腹の脂肪は、落ちにくい
  • なぜ、お腹周りの脂肪が落ちにくいの
  • お腹周りの脂肪は、男女関係なく気になる。

これは、2つの原因があります。


①血流が悪い。

血流が悪いから

  1. お腹周りの脂肪は、もともと分解されにくい
  2. 血流が悪くなる
  3. 脂肪がたまりやすい

お腹周りの脂肪は、もともと燃えずらいと言われています。

さらに、「血流が悪いと脂肪が落ちにくくなってしまいます。

②脂肪を燃やす「ホルモン」が少ない

アドレナリンが少ない

脂肪を燃やすホルモンである「アドレナリン」が少ないことも原因かもしれません。


どうすればいいの?

筋トレでは限界がある

  • 腹筋を鍛えても、あまり燃えない。
  • 燃えにくい脂肪を燃えやすい状態にする必要がある。

断食

修行のように何日も食べないというのではありません。

プチ断食というものです。

プチ断食

プチ断食の効果がすごい。

  • プチ断食をすることで、普段は燃えにくい脂肪を分解しエネルギーに変えてくれる。
  • 一定の期間だけ断食することによって、アドレナリン(ホルモン)を出させる。
  • 脂肪の分解が進む
1日2食

僕も実践して簡単に体脂肪率が5.3%になりました。

【太る原因】「1日3食」はあたりまえ?実は太る原因だった。
1日3食は間違い。だから太る。
一定期間ってどのくらい?
  • 男性の場合:14~16時間
  • 女性の場合:12~14時間

プチ断食でアドレナリンが出てしつこい脂肪が燃える。

最初の1週間はきついですが、それ以降は食欲も減らすことができる。

さらなる効果!

これらを行うと、さらに効果がある。

  • 軽いランニング
  • サイクリング
  • カフェインと組み合わせる。
朝にある習慣を身につけると最強
やりすぎには注意

レプチンというホルモンが増えるため、お腹がすきまくって、逆効果です。

糖質や、炭水化物もしっかりと取りましょう!

取るべき炭水化物の条件って?

まとめ

お腹周りの脂肪は、なぜ落ちにくいのか?

原因は、2つ。

  1. 燃えずらい&血行が悪い
  2. アドレナリンが出ていない

解決策は、プチ断食 

  • 男性:14~16時間  
  • 女性:12~14時間

+a すると効果があがること

  • 軽い運動(ランニング、サイクリン)
  • カフェイン

注意すること

  • 断食のやりすぎは、逆効果!
  • 糖質や、炭水化物もしっかり取ろう。

今回のポイント

  • 血行を良くする
  • 断食する

僕の体験談

プチ断食で、脂肪率5.3%に。

僕自身、体脂肪5.3%になるには「食事」をかなり意識しました。

でも、慣れると意外にも楽しくなりますし辛くなくなります。

アスリートのような自分が思い描く、理想の体を手にしました。


今回は、以上です。ありがとうございました!

イギリス発の世界で大流行スポーツ栄養ブランド


参考文献

著書「Burn the Fat, Feed the Muscle: Transform Your Body Forever Using the Secrets of the Leanest People in the World (English Edition) 」

 

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました