【太る原因】「1日3食」はあたりまえ?実は太る原因だった。

健康に生きるために
スポンサーリンク

「1日3食」はあたりまえ?実は「太る原因」だった。

今回は、著書「空腹こそ最強のクスリ」からこんな疑問に答えていきます。

  • 1日3食は太るはなぜ?
  • そもそも、なぜ3食になったの?
  • 1日3食はだめなの?

僕は、今回ご紹介する内容を実践し、体脂肪率5.3%になりました。

1日3食は、なぜ太るのか?

普通の量を食べているのに太る痩せない

答えは簡単です。

普通の量」 × 「3食」は、カロリーオーバーだからです。

そもそもなぜ、「1日3食」なのでしょうか?


1日3食になったのはいつ?

明治時代以降の習慣

明治時代までは、1日2食でした。


理由は定かではない。

明治時代以降、海外からの食糧なども多く輸入されていました。

そのため、商人たちの

2食より3食食べてもらった方が商品が売れるよね!という売る側の都合ではないか?

という考え方もあります。


なぜ、1日3食は「太る」のか?

一般的な家庭の食事時間

  • 8:00  朝食
  • 12:00 昼食
  • 18:00 夕食

これは一般的な食事の時間ですが、皆さんはどうでしょうか?

多くの人は食事と食事の間は、4~5時間程度だと思います。

しかし、腸や肝臓の負担を考えたことはあるでしょうか?

何を食べればいいのか?

【炭水化物】健康的で体にいい炭水化物・糖質の6つの条件
炭水化物や糖質も「いい奴」がいる。

腸や肝臓への負荷

人体全体で考えると、

口の中に入れるまでが食事」ではなく、

消化されるまでが食事」なんです。

1日3食は「ブラックバイト」と同じ

例えるなら、1日3食は休憩なしのブラックバイトです。

脂っこいものなどは、消化まで少なくとも5~6時間かかります。

つまり、1日3食で「腸」や肝臓」は、へとへとに疲れてしまうんです。

でも、「体も元気だし、別にいいじゃん」と思ったあなた。

加齢でダメージ増加!

若いときは、腸や肝臓も元気や体力があるため何とかなっているだけ。

年を取るにつれて、腸や肝臓の病気になったり、その確率が上がっていくといいます。

若い時から食事に気を使うこと

「健康」というお金では買えないものを手に入れることができます。

まとめ

  • 太る理由は、1日3食では食べ過ぎだから。
  • 1日3食になったのは明治時代以降
  • その前までは、1日2食
  • 1日3食は食事と食事との間が、4~5時間しかない。
  • 脂っこいものなどは、消化まで少なくとも5~6時間かかる。
  • 腸や肝臓への負担が大きい
  • 今は平気でも、年を取るにつれて腸や肝臓の病気や、その確率が上がる。
  • 口の中に入れるまでが食事ではなく、消化されるまでが食事

以上です。ありがとうございました!

【美容食品】科学が見つけた。最高のスキンケア食品10選

【炭水化物】体にいい炭水化物・糖質の6つの条件

参考文献

今回の参考文献:僕の体脂肪率が5.3%になった

プチ断食の効果

「16時間はなにも食べるな」最新医学が勧めるプチ断食の3大効能 「空腹」こそ長寿と健康のカギだった (4ページ目)
私からすれば、これらも立派な「プチ断食」です。ひたすら、ひもじさをガマンするような過酷なことをする必要はありません。できるだけ無理なく「ものを食べない時間」を作り、・胃腸や肝臓などを休ませてあげるこ…
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました