ISSA★コンサル 挑戦する人たちの居場所

【健康】健康にいい炭水化物・糖質の食品がもつ「6つの条件」とは?

健康の悩み

【健康】健康にいい炭水化物・糖質の食品がもつ「6つの条件」とは?

さて。

今回は、「体にいい炭水化物」についてです。

私自身は専門家ではありません。ただ、普段から健康に気をつかっていて、興味深い情報を見つけましたので、まとめて記事にしてみました。

今回は、美肌食品についてパレオな男こと鈴木 祐さんを参考にさせていただき、「【健康】健康にいい炭水化物・糖質の食品がもつ「6つの条件」とは?という内容で記事を書いていこうと思います。

 

「6つの条件」とは?

  1. 加工食品ではない。
  2. 抗栄養素が入っていないもの。
  3. 食品満足度が高いもの。
  4. 美容栄養素が多いもの
  5. 甲状腺ホルモンにいいもの
  6. 腸内環境を良くするもの

1つ1つ見ていきましょう。

 

【1つ目】加工食品ではないもの

 

加工食品は、体に悪い影響を与えるものがたくさん入っています。

  • なるべく自然のままである。
  • 手を加えていない食品。 
  • ケーキなどはNG。

こういった条件の食材を取ることが大切と言われています。

→【厚生労働省】加工食品について。

 

【2つ目】抗栄養素が入っていないもの

抗栄養素とは、栄養の吸収を阻害するものです。

小麦や豆類にすくまれている

  • グルテン
  • レクチン

などです。

アレルギーなどが無ければ、そこまで気にしすぎる必要はないですが、控えめにとるのがいいそうです。

→ 抗栄養素の食品とは?

 

【3つ目】食品満足度が高いもの

  • 食品満足度とは、食品を食べたときの満足度のこと

例えば、これらは、食品満足度が高くなります。

  • 食物繊維
  • 水分が多いもの

 

ポテトチップスは、食品満足度が低く最悪です。

  • 水分が少ない。
  • 食物繊維もない。
  • 揚げ物。

→ 食品満足度リスト

 

【4つ目】美容栄養素が多い

  • ミネラル
  • ビタミン

同じカロリーでも、含まれている要素が大切です。

この2つが多いものを取った方がいいということです。

【KOSE】美容栄養素が多い食品は?

 

【5つ目】甲状腺ホルモンにいいもの

甲状腺ホルモンを刺激することで、代謝を上げてくれるもの。

→ 甲状腺ホルモンの病気

 

【6つ目】腸内環境を良くする

  • 代謝が良くなる
  • 不純物が貯まるのを防いでくれる。
  • 肌が綺麗になる。
  • 便秘を解消してくれる
  • 肥満を防いでくれる

腸内環境が良くなることで、このようにさまざまな効果があります。

→ 腸内環境を整える方法

 

まとめ

質のいい「炭水化物」「糖質」の6つの条件とは?

  1. 加工食品ではない。
  2. 抗栄養素が入っていないもの。
  3. 食品満足度が高もの。
  4. 美容栄養素が多いもの
  5. 甲状腺ホルモンにいいもの
  6. 腸内環境を良くするもの

→ 6つの条件を持ち合わせた食品10選をご紹介

 

以上です。

ありがとうございました。

 

参考文献