ISSA★コンサル 挑戦する人たちの居場所

【地方創生】地方の小さなお店が生き残っていくため今後の戦略とは?

変化する時代

【地方創生】地方の小さなお店が生き残っていくため今後の戦略とは?

  • どうも。
  • 大学生ブロガーの山村一颯です。
  • 地方を活性化させるのが仕事
  • 地方創生を大学で学んでいる

→ 自己紹介はこちら。

→ 地方創生と地域創生の違いについて

さて。

今回は、「地方の小さなお店が生き残っていくための戦略」についてです。

  • ウクライナとロシアの戦争
  • 新型コロナウイルス
  • 地震や津波、台風などの災害

何が起こるかわからない変化が激しい時代。

多くの課題を抱えている日本で、「どのように生き残っていくべき」なのでしょうか?

今回は、「地方の小さなお店が生き残っていくためにはどうすればよいのか?」についてみていきます。

参考文献はこちら。

 
 

日本が抱えている課題

日本が抱えている大きな課題が、「人口減少」です。

詳しくは、こちらの記事で詳しく解説しています。

→ 人口減少の現在

→ 人口減少の3つの原因

 

地方の企業が抱えている課題へ

みなさんは、黒字倒産という言葉をご存知ですか?

黒字倒産とは?

利益が出ているにも関わらず、事業が続けられなくなってしまうこと。

  • 後継者不足
  • 人手不足

「黒字倒産」をしてしまう大きな原因は、「後継者不足」や「人手不足」になっています。

特に地方では、多くの経営者の方が頭を悩ませています。

 

変化の激しい時代へ

  • ウクライナとロシアとの戦争
  • コロナウイルス
  • 地震・津波・台風などの災害
  • 人口減少・少子高齢化

などなど。

私たちは、変化の激しい時代を生きています。

→ ひろゆきが分析する「今の日本」

 

大手は「生き残る力」が強い

  • 資金力
  • 人員の数
  • たくさんの広告を打てる

大手企業やチェーン店は、人の数、資金力を使い、営業や広告をバンバン出せます。

そこで集めたお客さんの膨大なデータを使いさらにその影響力を強めています

大手ですら倒産の危機に

しかし、その大企業でさえも、その多くが倒産の危機にあります。

それほどまでに、日本は厳しい現状に立たされているのです。

→ 倒産の危機がある大企業

 

地方の衰退

  • 人口減少と少子高齢化で後継者不足
  • 都市部に若者が集まり、若い人材の獲得が困難に
  • 事業者の競争力が低下
  • 商店街の過疎化
  • 地域の経済力の低下や縮小
  • 事業継承が難しくなる。

一方で、大企業ほど集客力のない中小企業は、人材やお客さんをうまく集められないという問題を抱えています。

若者は、都市部へ出ていき人口減少に追い討ちをかけます。

 

事業継承にお悩みの方へ。

 

【危機】コロナで観光地も被害へ

これまでなんとか、観光客のおかげで生き残ってきたお店も被害を受けます。

多くのお店が助成金や補助金なしでは、事業を継続することができなかったといいます。

 

【地方創生】地方の小さなお店でも生き残れる時代へ

  • 1人の女子高生が大企業よりも影響力を持ってる
  • 「ユーチューバー」が職業になった
  • SNSの普及で簡単に世界の人とつながれる

これからは個人の時代といわれています。

SNSの普及により、いろんな人たちと簡単に繋がれるようになりました。

→ ガラ携からスマホへ!時代の変化の速さ

 

つまり、「大企業よりも発信力や影響力を持てる」時代といえます。

 

地方」「個人」と繋がれる時代へ

  • 僕のブログ
  • ホームページ
  • SNS

今、僕のブログを読んでいる方の多くは、「インスタグラム」から「ブログ」へきてくれています。

このように、「どこにいても」「だれとでも」つながることができる時代です。

「地方」にいるというのは関係なく、ネットを通して「全国や世界の人と繋がる」ことができます。

 

全国や世界とつながるチャンス

  • 大学生
  • ブログ
  • 地元の事業者さん
  • 全国や世界へ

僕のような大学生でもブログを通して、地元の事業者さんたちをご紹介できています。

→ 地元で活躍する事業者さんたち

 

【注意】知られなければ始まらない。

知られないのは、存在していないのと同じ。

  • いい商品
  • すごい技術
  • 素敵なお店
  • こだわりの農産物

しかし、どれだけいいものや技術、お店を持っていても

知らない人からすれば「存在していない」のと同じことです。

 

知ってもらわないと、

お店や商品を選ぶ時に、

就職する先を選ぶ時に、

選択肢にすら入りません。

 

  • 飲食店
  • 美容院
  • サロン
  • 整体院
  • アパレル
  • 農家
  • 建築業

知ってもらうには、発信することが大切です。

これは、業種・業界とわず「共通すること」だといえます。

 

  1. 知ってもらうことが大切
  2. 発信する必要がある
  3. 業界・業種に関係ない

 

「地方」発信するために

  1. SNSで発信するべき
  2. ホームページと組み合わせる

僕の方からは、「地方の企業さんに生き残るために必要な2つのこと」をお伝えします。

 

①SNSで発信する

  • 無料で使える
  • 支援者を増やしいやすい
  • 購入や予約につながる
  • 教育ができる
  • 興味のある人だけを集められる

SNSのなかでもぼくがおすすめするのが「インスタグラム」です。

インスタグラムを使うべき理由はこちら。

→ 【1日630円】インスタグラム運用を任せたい方へ

 

②ホームページと組み合わせる

  • 企業のこと
  • お店のこと
  • 商品のこと
  • あなたのこと

これらにより購入や予約につなげるためには、より詳しい情報を見てもらう必要があります。

また、働きたい、この人の元で学びたいと思ってもらう信用にも必要でしょう。

そのために、必要なのがみなさんご存知の「ホームページ」です。

→ 【制作無料】ホームページをお持ちでない方へ

 

まとめ

今回は、「【地方創生】地方の小さなお店が生き残っていくため今後の戦略とは?」というテーマで解説しました。

  1. 日本が抱えている課題
  2. 地方の事業者が抱える課題
  3. ネット時代はチャンス
  4. 知ってもらうことが大切
  5. 発信しなければ知ってもらえない

 

地方から発信するために

  1. SNSで発信するべき
  2. ホームページと組み合わせる

 

私も全力で支援いたします。

苦しい時代ですが、一緒に乗り越えていければ思います。

 

参考文献