【地方創生】地方の小さなお店が大手にも負けない方法

人気記事
スポンサーリンク

地方の小さなお店が大手にも負けない方法

その方法とは、みなさんもご存知「Instagram」です!

「お店の看板」よりも「インスタグラム」

今ではSNSを使わない日はありません。

そんな時代に、看板を見てお店に入る人より

Instagram」でお店をみつけている人の方が多いことは事実です。

つまり、「インスタグラム」は集客に欠かせないものとなっているんです。

大手が集客に強かった時代

かつて大手企業やチェーン店は、

  • 資金力
  • 人員の数

を用いて営業や広告をバンバン出し、

そこで集めたお客さんの膨大なデータを使いさらに

その影響力を強めていきました。

地方の集客力の低下と衰退

一方、その影響を受けた「地方」は。

  • 都市部に人が集まり、集客が困難に。
  • 事業者の競争力が低下。
  • 商店街の過疎化
  • 地域の経済力の低下や縮小。
  • 事業継承が難しくなる。

このような事態を招いています。

事業継承にお悩みの方へ。

地方の小さなお店でも勝てる時代へ

しかし、これからは個人の時代です。

いろんな価値観や考え方が広まり、

  • 個人
  • 小さなお店
  • 地方

多くのファンやお客さんに支援してもらえる時代です。

つまり、「大手企業よりも発信力や影響力を持てる」時代です。

個人が大手企業よりも発信力や影響力を持てる時代

  • YouTuber
  • インスタグラマー
  • TikToker

などがそうですね!

「地方」への貢献と応援のお願い

こういったサイトでも、

地方の事業者さんや商品

簡単に出会うことができるようになりました。

 

 【明石めで鯛や】

僕は地方の事業者さんたちを応援しています

「インスタグラム」を通してお客さんとお繋ぎします

  • 飲食店
  • 美容院
  • サロン
  • 整体院
  • アパレル

「地方創生」の失敗している理由

地方創生はなぜ失敗し続けているのか?

その答えはここにある。

 

参考文献

商店街の衰退について 中小企業庁 平成30年度商店街実態調査 

中小企業庁:平成30年度商店街実態調査の結果を公表します
平成30年度商店街実態調査の結果を公表します

●地方創生について 首相官邸ホームページ

地方創生 | 首相官邸ホームページ
人口急減・超高齢化という我が国が直面する大きな課題に対し、政府一体となって取り組み、各地域がそれぞれの特徴を活かした自律的で持続的な社会を創生することを目指します。

●地方創生と地域創生の違い

【必読】どっち?「地域創生」と「地方創生」の決定的な違いとは??
この違いを知らないとヤバイ。
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました