【スタンフォード式】眠れない?起きれない?なら最高の睡眠

健康に生きるために
スポンサーリンク

眠れない?起きれない?なら最高の睡眠

今回は、著書「スタンフォード式 最高の睡眠」から、こういった疑問にお答えします。

  • 睡眠」で悩んでいるのは自分だけ?
  • レム睡眠、ノンレム睡眠の違いって何?
  • 「睡眠」は本当に必要なの?

睡眠で悩んでいるのは自分だけ?

実は、多くの人が悩んでいる。

多くの人は、眠るための努力はしている。

多くの人が、

  • 睡眠時間をつくる努力。
  • 睡眠の質を上げる努力。
  • 眠るための環境をつくる努力

こういった努力で、まったく「眠れていない」という人は少ないかもしれません。

なかなか睡眠時間がつくれない人へ。

「よく」眠れているひとは少ない。

努力のすえ眠れてはいるが、睡眠の質は悪いかも。

多くの方が、はっきりと「よく眠れている」というのはなかなか難しいですよね。

睡眠は、個人だけの悩みではなく「多くの人が悩んでいる」。

スマホをみていて、なかなか眠れない。
【スマホ依存症】あなたは大丈夫?スマホ依存症の8つの症状
現代人の病。スマホ依存の症状と対策とは?

さらに、「睡眠」=「現代の悩み」ではないんです。

睡眠の悩みは、昔からあった?

日本では、睡眠の悩みが「平安時代」からあった。

「睡眠で悩む人たち」が描かれている物語

「病草子」(やまいのそうし)という物語の中に、睡眠で悩む人々が書かれています。

  • 眠れない「不眠症」の人
  • 眠りすぎてしまう「嗜眠癖」の人

などがでてくるんです。

「睡眠」というのは、現代人の私たちだけが悩んでいることではなかったんです。

人間関係が原因かも。

一方で、「睡眠」については最近わかってきました。

「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」の違いは?

1953年 スタンフォード大学睡眠研究所

レム睡眠
  • 浅い睡眠
  • 脳は起きている。
  • 体が寝ている
ノンレム睡眠
  • 深い睡眠
  • 熟睡ともいわれる。
  • 脳も体も眠っている状態。

の発見により、「睡眠の研究」が本格化していきます。



「睡眠」って本当に必要なの?

日本人の睡眠
  • 日本人の平均睡眠時間 6.5時間
  • 6時間未満が、40%もいる。
  • 睡眠時間が足りていない。

ショートスリーパーが優秀は間違い。

ショートスリーパーは、非常に稀な遺伝子。

遺伝子が無い人が、

  • 努力
  • 根性

などでは真似ができません。

睡眠の質を上げることを考えましょう。

まとめ

睡眠の悩み

  • 「睡眠」については、多くの人が悩んでいる
  • 睡眠」の「悩み」の歴史は「長い
  • 睡眠」の「研究」というのは短い

以上です。ありがとうございました!


参考文献

著者:西野 精治

スタンフォード睡眠研究所で、睡眠の研究をしている方。

創業者からのメッセージ | Brain Sleep (最高の睡眠で、最幸の人生を。)
ブレインスリープ(Brain Sleep)の創業を務める創業者 兼 最高研究顧問からのメッセージを掲載しています。
西野さんが監修した脳が眠る枕

 

スタンフォード睡眠研究所

睡眠の研究はここから始まり、ここが最先端の場所です。

つまり、世界中にある睡眠研究所の総本山です。


トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました