【スマホ依存症】あなたは大丈夫?スマホ依存症の8つの症状

活動1:SNS教室

スポンサーリンク

【スマホ依存症】あなたは大丈夫?スマホ依存症の8つの症状

現代人の病であるスマホ依存。

しかし、スマホ依存になるとどうなるのでしょうか?

  1. 禁断症状
  2. 集中力の低下
  3. コミュニケーション力の低下
  4. 肥満になる
  5. 時間が無くなる
  6. 自己コントロール力の低下
  7. 欝病、恐怖症の悪化
  8. 疲れが取れなくなる


①禁断症状

不安、焦りという症状

メリーランド大学の研究

2010年にメリーランド大学が行った研究です。

200人の生徒に24時間スマホを触れないようにするという実験を行いました。

この実験では、焦り・不安という薬物などと同じような禁断症状が出たようです。


②集中力の低下

スマホが近くにあるだけで、集中力が減少する

集中力への影響

  • スマホが見える場所にある
  • 通知がわかる状態にある

そうすると、

  • 会話中
  • 勉強中
  • 仕事中

であっても、

通知」や「通知が鳴るかもしれない」という気持ちが、集中力をそいでしまう。

さらに、失った集中力の回復には、25分かかるといわれています。

また、集中力がそがれるとストレスもたまりやすくなります


③コミュニケーション力の低下

人間関係への影響も大きい

人間関係への影響

関係性に亀裂が入りやすくなる

会話の途中でスマホを取り出すと、会話をしている人たちの集中がスマホにそれてしまうためです。


④肥満が進む

満腹感が無くなる

食欲への影響

食事以外に注意がいき、食べ過ぎる原因に。

何かをしながら(TVやスマホを触りながら)食事をすると食べ過ぎてしまうので、注意しましょう。

⑤時間が無くなる

焦り」の感覚に陥って時間感覚がにぶる。

時間を感じる感覚への影響

時間が足りないという感覚になりやすい。

スマホを使い時間が足りないと思っている人は、

仕事や勉強のスピードが落ちるので、本当に時間が無くなってしまうそうです。


⑥自己コントロール力の低下 

常にスマホの事を考えているため、判断力が低下する。

判断力への影響

刺激や誘惑に弱くなり、我慢ができなくなる。

常にマルチタスク(ながら作業)の状態になるため、自分をコントロールする能力が低下。


⑦健康への影響

不安、恐怖症、欝病が悪化する

スマホと心理の関係の研究

318人にスマホの利用度心理的な状態の関係を調査。

スマホのSNSやゲームにはまっている参加者ほど、

社会的な不安や、鬱病の傾向が高いという。

他の研究でも、スマホの利用時間が長いほど、

ネガティブなメンタルの状態になりやすいという結果が出ている。


⑧疲れが取れない

仕事とプライベート

プライベートへの影響

プライべートでリラックスできず、疲れが取れない。

2011年に行われた研究では、

仕事でスマホを使用している人は、

家に帰っても常に仕事のことを考えてしまい、

仕事のストレスや疲れが取れないということがおきるという。


まとめ

スマホ依存の8つの症状

  1. 禁断症状
  2. 集中力の低下
  3. コミュニケーション力の低下
  4. 肥満になる
  5. 時間が無くなる
  6. 自己コントロール力の低下
  7. 欝病、恐怖症の悪化
  8. 疲れが取れなくなる

多く当てはまっている人は、

  • アプリを消したり
  • 時間を制限したり

様々な対策をしてみてください。

SNSの使い方あなたは大丈夫?

SNS依存解消 アプリTOP5

https://issaito.com/sns/

スマホは、あくまで道具です。

スマホ自体が悪い」というわけではありません。

道具は使い方が大切だと思うので、使い方を見直してみてください!

スマホはうまく使い、仕事や、日常生活に役立てていきましょう。

今回は以上です。ありがとうございました!


参考文献

Just a moment...
ScienceDirect
ScienceDirect
Playing action video games can boost learning
A new study shows for the first time that playing action video games improves not just the skills taught in the game, but learning capabilities more generally.
Deficit in switching between functional brain networks underlies the impact of multitasking on working memory in older adults - PubMed
Multitasking negatively influences the retention of information over brief periods of time. This impact of interference on working memory is exacerbated with noRead More...
Who multi-tasks and why? Multi-tasking ability, perceived multi-tasking ability, impulsivity, and sensation seeking - PubMed
The present study examined the relationship between personality and individual differences in multi-tasking ability. Participants enrolled at the University of Read More...
Media multitasking is associated with symptoms of depression and social anxiety - PubMed
We investigated whether multitasking with media was a unique predictor of depression and social anxiety symptoms. Participants (N=318) completed measures of theRead More...
The effect of psychiatric symptoms on the internet addiction disorder in Isfahan's University students
Internet addiction disorder is an interdisciplinary phenomenon and it has been studied from different viewpoints in terms of various sciences such as medicine, Read More...
Relationships between work-home segmentation and psychological detachment from work: the role of communication technology use at home - PubMed
Employees can have difficulty mentally distancing themselves from work during off-job time due to increasing use of communication technologies (e.g., e-mail, ceRead More...
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました