【時間術】①無駄な時間を減らしたい!まず優先順位を決める

時間の使い方
スポンサーリンク

無駄な時間を減らしたい!まず優先順位を決める

今回は、著書「時間術大全」を参考にこういった疑問にお答えします!

  • 「優先するもの」って何なの?
  • 「優先順位」はどうやって決めたらいいの?
  • 「無駄な時間」を減らすにはどうすればいいの?

「優先するもの」ってなに?

= 緊急度 or 満足度が高いもの!

  • 緊急性が高いものは、期限があるもの。例えば、銀行への振り込みを今日中に。
  • 重要度が高いものは、自分が今までやりたいと思っていたこと。

でも、この「優先するもの」を決めるのが大変なんですよね。

どうやって「優先するもの」を決めるの?

  1. やりたいことを書いてみる!
  2. やりたいことに、優先順位をつける!
  3. 重要度と緊急度を考えて、やりたいことを予定に入れる!

先に時間を取っておけるため、無駄なことに時間を使うことを防ぐことができる。

じゃあ、「無駄な時間を減らす」にはどうすればいいの?

無駄な時間を減らすには?

時間を圧縮する

  • 1時間の会議は本当に1時間やる必要があるのか?
  • 内容の濃さの方が重要。
  • なるべく早さと内容を意識する。

無駄な時間の原因はこれ。

【時間術】⓪気づいたら時間がすぎてた!時間がなくなる原因
時間が無くなる原因は?時間をつくるには?

 

ドタキャンする!

  • 人道的に大丈夫なのか?
  • 失礼じゃないの?

そう思うかもしれませんが、ドタキャンはしても大丈夫です!

なぜか?

むしろ相手がドタキャンしてほしいことも…

例えば、

今度焼肉に行こうね!」と約束はしたものの、

当日になったら、「そんなに行きたくない。」ということはあると思います。

それは、相手も同じです。

約束をその場の気分で決めているので、前日や当日に気分が変わることはよくあります。

人間ですから。

さらに、ドタキャンは防ぐことができます

依頼をなるべく受けない!

返事をする前に、少し考えてみる。

自分が、当日ドタキャンしそうだと思ったら、やめておく。

それが、本当の相手への敬意です。

そのうえで、

1日を自分専用にデザインする。

1日の過ごし方や、時間の使い方は決まっていませんか?

  • 食事をとる時間。
  • 寝る時間。
  • 運動する時間。
  • 仕事をする時間。

何時に何をするというのを決めることで、自然と行動することができます。

朝がた化へ。

夜に重要な判断や集中力が必要な仕事は、朝に行うことをおすすめします。

夜の眠たい中で作業をしても

  • 効率が悪い。
  • 体は疲れていなくても、脳が疲れている。
  • 判断も鈍っている。

夜には判断力や集中力が下がっているので、せめて単純作業にしておきましょう。

締め切りは、17時に。

1日の中で、この時間は「何もしない時間」をつくる。

例えば、仕事は17時までに片付けて、早く帰るなど。

  • 自分の趣味
  • やりたいこと
  • 自分の成長

に使う時間を増やしていきましょう。

まとめ

「優先するもの」ってなに?

= 緊急度 or 満足度が高いもの!

  • 緊急性が高い= 期限があるもの。
  • 重要度が高い= 自分が今までやりたいと思っていたこと。

無駄な時間を減らすには?

  • 時間を圧縮する
  • ドタキャンする
  • 依頼をなるべく受けない

時間をデザインしてみる

  • 朝がた化
  • 締め切りは、17時

以上です。ありがとうございました!

番外編:スマホに奪われる時間を減らす。

参考文献

今回は、著書「時間術大全」を活用させていただきました。

著者:ジェイク・ナップ、ジョン・ゼラツキー

Google」と「YouTube」に勤めていた方々。

ジョン・ゼラツキー | 著者ページ | ダイヤモンド・オンライン
ダイヤモンド社が提供するビジネス情報サイト。ジョン・ゼラツキーの記事一覧ページ。

Google × YouTube

GoogleとYouTubeは、時間を使ってもらえるようにうまく誘導している。

もともと私たちが「テレビを見ていた時間」というのは、

いまでは、YouTubeやGoogleをはじめとしたインターネットに多くの時間を使っています。

さらには、私たちの多くが時間のほとんどを「スマホ」に使っています。

そんな私たちをみて、

「スマホ中毒になってしまうのでは?」と危機感を感じ、本書を書こうと思ったといいます。

 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました