【科学的な適職】①科学的に幸福度が最大になる仕事を選ぶ

進学や仕事について
スポンサーリンク

科学的に幸福度が最大になる仕事を選ぶ

今回は、著書「科学的な適職」をご紹介します。

  • 就活をしている
  • 転職を考えている
  • 今の仕事について考えている

僕自身、就活、起業、副業をするうえで、とても参考になりました。

①適職は「科学的に幸福度が最大になる仕事」

ここでの適職とは「科学的に幸福度が最大になる仕事」を指しています。

周りの人で、適職につけている人は少ないと思います。

それほど、適職を選ぶことは難しいといえます。

では、なぜ難しいのでしょうか?

仕事選びが難しい理由

職業を選べるようになったのが最近だから。

19世紀までは、農家の子は農家。

身分や階級によって、仕事が決まっていました。

そのため、仕事は選べません

仕事選びで迷うことすらなかったといえるでしょう。

しかし、

  • 現代では職業を選べますし、
  • 職業を選ぶ必要があります。

まずは、なぜ仕事を選ぶことが重要なのかを見ていきましょう。

②「適職」をなんで選ぶ必要があるの?

1つ目:終身雇用の崩壊

  • 社内で起業
  • 最初から起業
  • 本職と副業をする
  • 主婦をしながら副業

などなど様々な働き方ができる時代だからです。

2つ目:人生100年時代

  • 退職してからの時間がたくさんある
  • たくさんの仕事のスキルが必要
  • 定年後も働く必要がある

3つ目:みんなが同じ働き方の時代じゃない

  • 見本がない
  • コロナなどの予測できないこと
  • 変化していくスピードが速い

臨機応変な働き方が必要

みんなが同じ時代ではない。

好きなことを仕事にしてはいけない。

好きなことを仕事にする人は、長続きしない

よく言われている「好きなことを仕事」にするとうまくいくとは限らないようです。

好きなことというのは、自分に対して大きな期待がある。

  • やりたくないことをしなくなる。
  • やりたくないことでもしないといけないことがほとんど。
  • こんだけやったのになぜできないのか?と期待とのギャップを感じやすい。

そのため、だんだんと満足がいかなくなり長続きはしないといいます。

努力の量が情熱になる
  • 時間
  • 労力
  • お金

費やしたエネルギーだけ、「情熱」に変わる。

今あることを続けるから、それが「適職」になる。

好きなことが仕事になるのではなく、

今あること対してエネルギーを注ぐからこそ、

それが、適職になる。

好きを仕事にしていなかった偉人たち。

  • 起業家のスティーブ・ジョブズは、「思想家」に。
  • 画家のゴッホは、「神父」に。
  • 政治家、軍人のナポレオンは「小説家」に。

偉人たちでも、好きなことを仕事にしていなかったことがわかります。

好きなことを仕事にするのではなく、

今できることを続けたからこそ

偉人になれたんですね。

まとめ

  • 適職とは、幸福度が最大になる仕事
  • 終身雇用がなくなった
  • 人生100年時代を生きるために。
  • みんなが同じではない時代
  • 好きを仕事にしても長続きしない。
  • 偉人たちも好きを仕事にしていない。
  • 今できることを続けると、それが適職になる。

就活、転職を考えている人へ

【自己分析】②「才能」をみつける。才能はスキルじゃない。
あなたの「才能」をみつける。

以上です!ありがとうございました!

参考文献

 

①【要約】科学的な適職の探し方【ダメな例→好きなこと/給料/適正/職種】
科学的な適職というベストセラー本を要約しRead More...
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました