【人口減少】11年連続で人口が減っている日本でこれから起きること

〜ヒダプロ〜
スポンサーリンク

11年連続で人口が減っている日本でこれから起きること

どうも。大学生ブロガーの山村一颯(ISSA)です。

地中海に浮かぶ島国、マルタ共和国で留学をしたり、社会問題と向き合うために大学で経済学を学んだりしたりしております。

さて。

今回は日本の社会問題でもある「人口減少」についてです。

「人口減少」について知りたいけれど、一言で「人口減少」といっても政府や自治体が出している情報は難しいものばかりで、簡単に理解できる人は少ないでしょう。そこで、今回は意外と知られていない人口減少人口が減ると起きることについて、ここに来てくれたあなただけにこっそり教えます。

今回の参考文献はこちら。

人が減り続けている日本

✔︎本テーマの内容

  • 日本という国
  • どれくらいの人が減っている?

✔︎本テーマを読むメリットはこちら

  1. どのくらいの間、減り続けているのかわかる
  2. どのくらいの人が減っているのかわかる

日本という国

世界には、人口が11年連続で減少している国があります。

そうです。私たちの暮らす日本です。

驚くことに、日本は11年間も人口が減り続けているようです。

では、具体的にどのくらいの人が減っているのでしょうか?

どのくらいの人が減っている?

<strong>総務省</strong>
総務省

1年間で64万人減少してます

総務省によると、

2021年から2022年にかけての1年間で64万人の人口が減少したといいます。

総務省 統計局 HP

「日本で何が起きているのか」を知っていますか?

とはいえ、「日本の人口は減っている」ことを既に知っている人もいると思います。では、人口減少が原因で日本で何が起きているのか」ということまで知っている人は少ないのではないでしょうか。次は、日本で起きていることを「経済と社会」という2つの面から見ていきましょう。

人口減少でどうなる?日本の「経済」と「社会」

✔︎本テーマの内容

  • 日本の経済で起きている3つのこと
  • 日本の社会で起きている3つのこと

✔︎本テーマを読むメリットはこちら

  1. 日本の経済で起きている問題がわかる
  2. 日本の社会で起きている問題がわかる
  3. 日本でこれから起きることがわかる

【人口と経済】日本の経済で起きている3つのこと

日本の経済ではこの3つのことが起きています。

  1. 国内市場の縮小
  2. 税収の減少
  3. GDPの減少

国内市場の縮小

→ 今までは「日本人のために日本人がつくる」という仕組みが日本の中だけで成り立っていました。そうして、1億2000万人という市場がこの国を支えていたわけです。それが、人口が減っていくことによって、「日本人だけに売っていては成り立たない」という状況になっています。

例えば、以下のようなことが起きます。

  • どの業界も日本人向けの販売が厳しくなる
  • 売れていた商品も売れなくなる
  • 100個売れていた商品が80個が限界になる

そのため、以下のようなことが必要になってきます。

  • 国内規模を小さくして続ける
  • 国外への進出など海外を視野に入れる

税収の減少

→ 人口が減ると当然、集まる税金も減ります

例えば、以下のように国の税収が減っていきます

  • 所得税:働く人が減るため。
  • 住民税:人が減るため。
  • 消費税:消費者が減るため。

税収が減少すると、国が使える予算が減ってしまう可能性が高いです。

道路や橋、社会保障などに使うお金など、社会を維持していくことが大変になりそうです。

詳しくは後で解説します。

GDPの減少

→ 人口が減るので「国全体で生み出されるお金」も減ります。

このような順番でGDPが下がります。

  1. 人口が減る
  2. 働き手が減る
  3. 生産力が下がる
  4. 生み出されるお金が減る

【人口と社会】日本の社会で起きている3つのこと

日本の社会ではこの3つのことが起きています。

  1. 社会保障の負担が増加
  2. 都市部への人口の集中
  3. 消滅可能性都市などの地方の衰退

社会保障の負担が増加

たくさんの高齢者を支えるために若者の負担が増えます人口のバランスがおかしい(若者が少なく高齢者が多い)なかで、少ない若者がたくさんの高齢者を支えていく必要があります。

例えば、このような負担が増えていきます。

  • 年金の負担
  • 国債(国の借金)の負担
  • 医療
  • 介護

財務省 HP

都市部への人口の集中

→ 若者は有名大学や有名企業のある都市部へ出ていきます。

私自身、進学のために岐阜から東京へと上京しました。

人口は減っていますが、都市部に流れる人というのが止まっているわけではありません。東京や大阪などの都市部には、さまざまな理由で若者を中心に人が集まっています

以下のような理由で都市部に集まってきます。

  • 大企業が集まっている
  • 仕事の種類や数が多い
  • 有名大学が集まっている
  • 都市部での生活に憧れている

東京一極集中の要因

消滅可能性都市などの地方の衰退

若者が都市部へ出ていき、人口減少が加速します。

地方の人口急速に減少しています。

  • 日本全体で人口が減っている。
  • 都市部へと人が集まっている。

こちらのテーマでは「日本の社会で起きている3つのこと」というテーマについて深掘り解説をしてきました。国は、消滅の可能性のある地方を救うために「地方創生」を掲げて全国の自治体に活動を呼びかけています。もっと詳しく知りたい方はこちらの記事もおすすめです。

 https://issaito.com/local/

次は、人口減少を知るためのキーワードをご紹介します。

【マメ知識】人口減少を知るための2つのキーワード

人口減少について学ぶときに大切なキーワードが2つあります。

それが、「自然減(しぜんげん)」と「社会減(しゃかいげん)」です。

自然減(しぜんげん)

= 生まれる数と死亡する数の合計のこと。

以下のようになります。

  • 生まれる数はプラス
  • 死亡する数はマイナス

社会減(しゃかいげん)

= 出入国で変化する数のこと。

例えば、以下のようなものです。

  • 海外移住ならマイナス
  • 入国はプラス
日本は自然減だけで60万人減っている

日本の場合、以下のようになっています。

  • 自然減60万9000人減
  • 社会減 = 2万8000人減

これを見ると、自然減が社会減の30倍圧倒的に多いということがわかります。

つまり日本は、「生まれる数よりも死亡する数の方が多い」のです。

最近、海外移住をする芸能人も増えてきていますが、人口減少に海外移住はほとんど関係ないことがわかります。問題なのは、「死亡する人の数」が「生まれる人の数」よりも多いことなんです。

まとめ

この記事では「【人口減少】11年連続で人口が減っている日本でこれから起きること」というタイトルを下記のテーマにまとめて解説しました。

  • 人が減り続けている日本
  • 人口減少でどうなる?日本の「経済と社会」
  • 人口減少を知るための2つのキーワード

今回は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

参考文献

財務省 HP

一般社団法人:国土研究センター

縮むニッポン : 総人口64.4万人減少、東京26年ぶりにマイナス

中田敦彦 YouTube大学

東京への一極集中が起こる要因と問題とは

消滅可能性都市とは 日本経済新聞

社会減・自然減とは コトバンク

経済参謀 日本人の給料を上げる最後の処方箋 [ 大前 研一 ]

 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました