【お金の大学②】貯金が楽しくなる!20代でも貯金できる方法

お金に困らないために
スポンサーリンク

貯金が楽しくなる!20代でも貯金できる方法

今回は、著書「お金の大学」より、こんな悩みに応えていきます。

みなさんは、お金を貯めることを考えた時、

  • 貯金は苦手だけど大丈夫?
  • お金を貯めるにはどうすればいいの?
  • ケチな生活をしなければいけないの?

【体験談】学生でも貯金ができる

僕は、今回の方法を実践して

家の合計500万円以上の固定費を削減することができました。

多くの人の「貯金」のイメージ

皆さんの「貯金」のイメージは、

  • ケチな生活をしなければいけないの?
  • 貯金が苦手なんだけど大丈夫?
  • 食費とかを削ればいいの?

ケチな生活はしなくてもいい

大きい固定費」を見直せば、

生活の幸福度・満足度を下げずに、

貯金することができます。

つまり、

  • ケチな生活をしなくてもいい。
  • 貯金が苦手なんだけど大丈夫!
  • 食費とかを削らなくていい。

どうすればいいの?

6つの固定費を見直そう!

  1. 通信費
  2. 光熱費
  3. 保険
  4. 税金

①通信費を安くする!

格安SIM」がおすすめ!

  • 利用料金が毎月5000円以上も安くなります!
  • 4人家族なら、毎月2万円以上もお得になります。
格安SIMの3つデメリット
  • キャリアメールが使えない。(ドコモの場合○○@docomo.ne.jp)
  • LINEのID検索が使えない。
  • 込み合っている時間に電波が弱くなる時がある。

これだけです。

「格安SIM」にしてもできること
  • キャリアメール使わなくても「Gmail」などを使えます。
  • LINEは、QRコードでも検索できる。
  • 電波が悪いときには、SNSで連絡できる。

 

②光熱費は乗換えで安くする!

大手から乗り換えるのがおすすめ!

【簡単】電力会社の乗り換え3ステップ
  1. 契約中の会社に解約届はいらない。
  2. 乗り換え会社にネットで申し込むだけ。
  3. 申し込みから、大体3週間で乗り換え完了!

 

③保険は解約!

画像2

民間保険はほぼ不要

  1. 起こる確率に関係なく、損害が小さくなるもの貯金で備える
  2. 確率が高くて、損害が大きくなるもの保険も適用されない

例:紛争地域への旅行など。

本当に必要な保険は2つ!

確率は低いが、損害は大きくなるもの。

  1. 火災保険
  2. 対人対物賠償保険

④家は賃貸がいい。

  • 王道は「賃貸
  • 売った時にどのくらいで売れるか」を考える。

固定費がかかり、価値がさがる。

  • 新築は、どんどん価値が下がっていく。
  • さらに、修繕費や固定資産税などがかかります。

売る時が大変

  • 買い手が見つからないと売れない
  • すぐには売れません

日本の人口は減っている

  1. 人口が減っている
  2. 空き家が増えている
  3. 家の価値が下がる
  4. 売る時にいい値段で売れない
  5. もしくは、買ってくれる人すらいないかも
【2040年】④未来の日本!こんな日本を想像できたか?
日本の経済と人口はどうなる?

⑤「車」は借金と同じ。

  • 税金がかかる。
  • 駐車場料金がかかる。
  • 自動車保険など。

買うなら、絶対に中古車!

新車のメリットが少ない

  • 家と同じで、「リセールバリュー」を考える。
  • ほとんどの車が、価値が下がる。

どうしても新車に乗りたい方へ

 

⑥給料をもらう前に「税金」が取られている。

「源泉徴収」という税金

給料をもらう前に「税金」が取られている

税金をなるべく抑えるために。

給与所得の方は、「控除」があります。

事業者の方」は控除に加え、

経費計上をすることができるため

「給与所得の人よりも有利」です。

まとめ

6つの固定費を見直して、お金を貯める。

  1. 通信費
  2. 光熱費
  3. 保険
  4. 税金

学生でも貯金はできる。

僕は、この6つを見直して

家の合計500万円以上の固定費を削減することができました。

その中でも保険が一番大きいです。

以上です。ありがとうございました!

参考文献

著書「お金の大学」本当の自由を手に入れる

 

ここでも登場してきます。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました