ISSA★コンサル 挑戦する人たちの居場所

【貯金術】「お金の大学」を実践!20歳でも500万円を削減した方法

お金の悩み

【貯金術】「お金の大学」を実践!20歳でも500万円を削減した方法

  • どうも。
  • 大学生ブロガーの山村一颯です。
  • 積み立てNISAしてます
  • 実家の家計簿を500万円削減
  • → 自己紹介はこちら。

さて。

今回は、「20歳の僕でもできたお金を貯める方法」についてです。

  • 貯金は苦手だけど大丈夫?
  • お金を貯めるにはなにをすればいいの?
  • なるべく簡単に貯めたい。

一言で「貯金」といっても続けられなければ意味がありません。

そこで、今回は「簡単に続けられている貯金術」をご紹介します。

 

こちらの著書「お金の大学」の内容を実践しました。

 

【体験談】学生でも貯金ができる

  • 当時20歳の僕が実践
  • 実家の家計簿を見直した
  • 合計500万円以上を削減した

お金については学校では教えてくれません。

しかし、生きていくためには「水」と同じくらい必要なものです。

なので、自分で学ぶことがとても大切です。

 

【無料】人生で損をしないためにお金の勉強しませんか?

 

多くの人の「貯金」のイメージ

  • ケチな生活をしなければいけないの?
  • 貯金が苦手なんだけど大丈夫?
  • 食費とかを削ればいいの?

皆さんの「貯金」のイメージは、こんなかんじでしょう。

 

大きな「固定費」を見直すだけ

  • 「大きい固定費」を見直す
  • 生活の幸福度を下げなくていい
  • 我慢せず「貯金」することができる

大きな固定費を見直せば、生活の幸福度を下げずに「貯金」をすることができます。

 

どうすればいいのでしょうか?

 

【貯金術】6つの「固定費」を見直そう!

  1. 通信費
  2. 光熱費
  3. 保険
  4. 税金

こちらの6つの固定費を見直すことで、あなたの家計や家庭の出費を抑え、簡単に今まで生活を続けながら「貯金」をすることができます。

 

①【通信費】格安SIMへ!

格安SIM」がおすすめ!

  • 利用料金が毎月5000円以上も安い
  • 4人家族なら、毎月2万円以上もお得

→ 格安SIMはについて詳しく

 

「格安SIM」の3つのデメリッ

  • キャリアメールが使えない(ドコモの場合:@docomo.ne.jp)
  • LINEのID検索が使えない
  • 込み合っている時間に電波が弱くなる時がある

これだけです。

もはやデメリットでもないでしょう。

 

「格安SIM」にしてもできること

  • 「Gmail」などを使えます。
  • LINEは、QRコードでも検索できる。
  • 電波が悪いときには、SNSで連絡できる。

特に、私自身は、Gmailを使っていますし、LINEでID検索などはしたことがありません。

いつもQRコードで十分です。

電話をしなくても、SNSを使えば電波は関係ありません。

 

格安SIMにするだけで、かなりお金が貯まる

  • 毎月5000円
  • 個人→ 年間6万円
  • 4人家族なら毎月2万円
  • 家族→ 年間24万円

個人でも毎月5000円で、年間6万円貯めることができます。

家族であれば、そのお金で家族旅行に行けちゃいますね。

 

「格安SIM」についてチェック!

 

ご家族の方はこちらがおすすめ!

 

②【光熱費】乗換えで安くする!

大手から乗り換えるのがおすすめ!

 

【超簡単】電力会社の乗り換え3ステップ

  1. 契約中の会社に解約届はいらない
  2. 乗り換え会社にネットで申し込むだけ。
  3. 申し込みから、大体3週間で乗り換え完了!

 

全国基本料金0円!電気代を節電したい方必見!

→ サステナブルでんき お申し込みはこちら

 

最大30000円現金キャッシュバック!

 

乗り換え方がわからない人でもこんな方法もあります。

ブレーカーを変えるだけでも安くなる?

③【保険】解約すべし!

民間保険はほとんど不要です

 

民間保険は全て解約!

画像2
  1. 確率に関係なく、損害が小さくなるものは貯金で備える。
  2. 確率が高くて、損害が大きくなるもの保険も適用されない

 

本当に必要な保険は2つ!

確率は低いが、損害は大きくなるもの。

  1. 火災保険
  2. 対人対物賠償保険

本当に必要な保険は2つだけです。

私の母は心配性でたくさんの保険に入っていましたが、私の説得でほとんど解約しました。

保険だけでも300万円ほど削減できたと思います。

日本の場合、医療などは国が保証してくれます。

 

個人事業主・フリーランスの方向け

 

【無料相談】まずは無料でプロに相談してみましょう!

→ 保険相談をもっと身近に保険コネクト

 

④【賃貸】家は「賃貸」がいい

王道は「賃貸」

 

売った時に「どのくらいで売れるか」を考える

  • 固定費がかかり、価値がさがる。
  • 新築はどんどん価値が下がっていく。
  • さらに、修繕費や固定資産税などがかかります。

私の親は、新築を購入したことで今でもローンを払い続けています。

しかし、新築を建てるとほとんどの場合、どんどん価値が下がっていきます。

家は資産ではなく、借金なのです。

また、ローンの他に修繕費や固定資産税もかかります。

 

「売る時」が大変

  • 買い手が見つからないと売れない
  • すぐには売れない

さらに日本は人口が減少しており、そもそも住む人が減っています。

空き家の問題なども聞いたことがあるのではないでしょうか?

  1. 人口が減っている
  2. 空き家が増えている
  3. 家の価値が下がる
  4. 売る時にいい値段で売れない
  5. 買ってくれる人すらいないかも

→ 人口減少について

 

【無料】「不動産」について学んでみる

→ ファイナンシャルアカデミー

 

⑤【車】「借金」と同じ

買うなら、絶対に中古車

 

「車」を買うデメリット

  • 税金がかかる
  • 駐車場料金がかかる
  • 自動車保険など
  • ほとんどの車が、価値が下がる

車を買うメリットは少ないです。

 フェラーリーような高級車であれば別ですが、ほとんどの車は価値が下がります。

また、車を持つと、自動車保険に入る必要があり、税金駐車場料金なども家計を圧迫します。

地方などの車が必要な地域であれば、中古の車で十分でしょう。

→ 【保険スクエアbang! 自動車保険(法人)】

 

⑥給料をもらう前に「税金」が取られている。

源泉徴収」という税金

給料をもらう前に「税金」が取られていることをご存知でしたか。

税金をなるべく抑えるために。給与所得の方は、「控除があります。

事業者の方」は控除に加え、経費計上をすることができるため「給与所得の人よりも有利」です。

 

まとめ

この記事では「【貯金術】「お金の大学」を実践!20歳でも500万円を削減した方法」というタイトルを下記のテーマにまとめて解説しました。

  1. 通信費
  2. 光熱費
  3. 保険
  4. 税金

僕は、この6つを見直して家の合計500万円以上の固定費を削減することができました。

その中でも保険が一番大きいです。

今日の記事がみなさんが貯金をする上での参考になれば幸いです。

 

以上です。

ありがとうございました!

 

参考文献

  • 著書「お金の大学」本当の自由を手に入れる