【山村一颯】僕の自己紹介。これまでの歩みと現在までのストーリー。

プロフィール
スポンサーリンク

自己紹介

はじめまして。
山村一颯
(やまむらいっさ)です!

2000年生まれ。岐阜県飛騨市出身。2018年、18歳の時に大学への進学と共に、起業を志し上京。大学では、経済や経営学を学び、実習活動を通し、人口減少・少子高齢化などの日本が抱える課題の解決を模索。21歳で就活を経験し、自分に不足している英語力国際的な価値観を見につけるべく、22歳マルタとドバイ2カ国に留学ライティングSNSでの発信のスキルを学び「コロナ禍小規模事業者のPRやSNS運営支援」を開始2022年9月より、飛騨のお仕事を「若者目線」で発信する唯一のメディアを運営している。

 

⬇︎僕の留学・海外生活インスタグラムへ

海外留学・海外生活の様子Instagram毎日発信しております

 

略歴

  • 0歳 岐阜県飛騨市に生まれる
  • 17歳 飛騨市と連携協定を結ぶ台湾に1週間ホームステイ
  • 18歳 起業を志し、大学のある東京
  • 19歳 大学にて経済・経営学を学びながら、日本の社会問題の解決に取り組む
  • 20歳 学生団体「OFUKUーWAKE」を運営ブログを始める
  • 21歳 就活から英語力多様な価値観の必要性を学び留学」を決意
  • 22歳 マルタ6カ月、ドバイ2週間、語学留学
  • ー   飛騨のお仕事を若者目線で発信する「ヒダプロ」を始める

僕が歩んできた道のり

【2017年】はじまり。

2017年(17歳)が自分を変えるきっかけになりました。

YCKプロジェクトってなに?

山村一颯
山村一颯

一言でいうと、

飛騨市の高校(岐阜県立吉城高等学校)
がチャレンジする教育の革命
地域を担う高校生を育てる

プロジェクトです。

YCKプロジェクトとは、地域と連携して学びの場をつくっていく地域課題解決型キャリア教育のことだ。2015年からスタートしたこのプロジェクトは、観光、教育、福祉、防災の4分野で24項目の地域活動があり、生徒はこの中から希望する活動に参加することができるプロジェクトのこと。

 

初の海外!台湾でホームステイ!

台湾へホームステイ
山村一颯
山村一颯

僕は、もともと海外に関心がありました。

台湾に行くことになったきっかけは、地元(飛騨市)台湾の地域が姉妹都市になっていたことがあります。そこから、市から高校へ留学の話がきて、資金をいくらか補助してもらうこともできました。「せっかくの機会を逃すまい」と思った僕は、1週間という短い間ではありましたが、台湾へ行くことに決めました。台湾は、80年前までは日本が占領していたという歴史もあり、日本語が話せる人がいました。一方で、「生活」に関してはかなり違うことがありました。台湾での暮らしについてはまた詳しく書きたいと思います。

【2018年】 自分の選ぶべき道とは?

長野県上高地にて

2018年(18歳)では受験が自分を深く知るきっかけになりました。

  • 大学受験で進学先に悩む
  • 国立大学からの推薦状
  • 自分がやりたいこと

【大学進学】「国立大学からの推薦状」か「自分のやりたいこと」か。

【進路選択】僕が「国立大学」の推薦を断ったある1つの理由。
ただ自分の願う未来を見据えて。
 

【2019年】起業を志し、新たな土地へ

2019年(19歳)では上京自分を高めるきっかけになりました。

【文化祭】教科書には載っていない経済学

文化祭で飛騨牛を販売

私は、大学で経済学を学んでいます。授業では、「需要と供給」「マーケティング」などの言葉ばかりを聞いています。しかし、「教授の話を聞いているだけでは、自分で仕事をするときには使えない。」そう感じていました。しかし、この2日間は違いました。僕が当時滞在していた寮のメンバーで集まり、大学の文化祭それぞれの地元の食を販売してみよう!ということに。

など「地元の食」をテーマに出店をしてみました。これが完売しました!そこから、ビジネスの面白さ、お金の流れる仕組み、販売方法、宣伝方法のコツをはじめ、多くの学びがありました。詳しくはまた書きますね。

【2020年】コロナと戦わずして勝つためには?

2020年(20歳)では仲間の大切さを改めて感じました。

  • ブログを始める
  • 地元(飛騨市)僕の大学連携協定を結ぶ
  • 学生団体をリーダーとして運営
  • 地元企業:株式会社Edoひだびとオンライン」に参加

【ひだびとオンライン】小学生に「生き物の授業」をすることに

現役大学生による小学生向け「生き物講座」|ひだびとONLINE - オンラインでワクワクする学びを
ひだびとオンラインについてはコチラ↓↓↓

【OFUKU-WAKE】学生団体のリーダー

僕の大学では、「実習」があります。大学1年生では、40日間長野県小布施町へ。大学2年生では東京実習東京といっても、大学のある東京都豊島区に限ります東京都豊島区役所の方のお話から、「若者が公園を利用していない」という課題を持っていることを知りました。そこから、「若者が利用したくなる公園とはどういう場所なのか?」と考えはじめました。そして、10月の実習に向け、5月から親友と2人で実習計画を練りました。昨年の文化祭での成功体験から、かなり熱が入っていたので、ベントを開催する方向で計画が進んでいきましたしかし、新型コロナウイルスの影響で、結局はイベント開催は断念しなければなりませんでした。

しかし、そこで諦める僕たちではありません。もう一度、原点に立ち返る必要がある。そう感じた僕は、親友と以下の3つのこと共通するものを考え、行動計画を見直しました

  • 自分たちのやりたいこと(Will)
  • 自分たちができること(Can)
  • 自分たちに求められていること(Needs)

そこから生まれた活動内容がこちら。

活動報告はこちら

 

【2021年】就活から、留学 & フリーランスの道へ

2021年(21歳)では就活自分を深く知るきっかけになりました。

【起業家】東京銀座にて取材を受けました

歩いた軌跡を探るインタビューメディアHumanStory」さんに取り上げていただきました!

AIによるオートメーション化、働き方の多様化経済状況の変化など社会への適応が求められる時代。

混迷の時代を生き抜き、新たな道を築いてきた、各界で活躍する挑戦者達の“人生の物語”に迫ります。

山村一颯| HUMAN STORY
山村一颯氏のヒューマンストーリー

 

 

【2022年】2カ国留学でヨーロッパ・中東へ語学留学

2022年(22歳)は、2023年まで1年間海外へ

  • マルタ語学留学(6ヶ月間)
  • ドバイ語学留学(2週間)
【マルタ】英語を学ぶため語学留学(6ヶ月間)
【DAY0】マルタに向かうまで色々ありました!
【DAY0】いよいよマルタへと出発するが無事に辿り着けるのか?
留学や海外といっても、体験したことがない人にとっては想像が難しいと思います。そこで、今回は「留学の出発日」に僕が実際に体験した、日本からマルタまでにしたこと、起きたことことについて、ここに来てくれたあなただけにこっそり教えます。
【マルタ留学】海外での暮らしを毎日発信しています

こちらのインスタグラムでは、

留学・海外生活の発信をしています。

よかったら遊びに来てください。

こういった情報を毎日ストーリーで発信しています!

  • 海外ではどんなものを食べているの?
  • どんな生活をしているの?
  • 買い物はどうしているの?
  • 物価は高いの? 安いの?

留学・海外生活インスタグラムへ

 

【ドバイ】英語を学ぶため語学留学(2週間)

本来のドバイに行く目的は、インターンシップでした。2023年8月より開始する予定でしたが、私のエージェント(代理店)の手違いにより、仕事が見つからなかったため、留学をすることにしました。ドバイへは、1週間の観光がおすすめです。気温は40度を超えるのは当たり前、砂ぼこりがすごいです。バスは乗り心地が悪く、タクシーは高いです。電車はセンター街にしか通っていないため、観光では中心街のテルでの滞在がおすすめです。

【2022年〜】現在の活動

現在は、小規模事業者さんのSNS運用やPR支援へ。

  • 個人事業主・中小事業者さんへの情報発信サポート
  • 人手を確保する、業務を減らす、リピータを増やすなどのお手伝いをします。
  • 地元の飛騨古川・高山に拠点とし、全国の事業者さんの支援をしております
  • 観光客が減ってお店の経営が厳しい!
  • 採用で、人材の獲得が難しい!
  • お客さんがリピーターに繋がらない!
  • 電話対応などの面倒な業務を減らしたい!
  • 商品の値段を下げても売れない

【ヒダプロ】飛騨のお仕事を「若者目線」で発信する唯一のメディア

【ヒダプロ】飛騨で働くプロたちを若者目線で紹介するプロジェクト!
人口減少・少子高齢化・後継者不足。若者の手も借りたい。そんな飛騨の事業者のために、あなたの会社・お店・お仕事を「若者目線」で紹介しませんか?この記事を読めば、若者に会社やお店を知ってもらえる方法がわかる。若者に飛騨のお仕事の魅力を伝えられれる。そして、若者が飛騨のお仕事を知ることができます。

【小規模事業者向け】おばあちゃんでもできる「ホームページづくり」サポート

【大人気】18個の簡単な質問だけで安く頼める「3分ホームページ」
【大人気】18個の簡単な質問だけで安く頼める「3分ホームページ」 山村一颯 今回は、 「ホームページ」 についてです。 こちらの業種・業界の方必見です。 農業 カフェRead More...

【小規模事業者向け】おばあちゃんでもできる「お店や会社への人集め」サポート

【応募殺到】田舎のおばあちゃんでもできる「インスタグラムで集客」
【応募殺到】田舎のおばあちゃんでもできる「インスタグラムで集客」 山村一颯 今回は、 「お店に人を集める方法」 についてです。 農家の方 カフェ・バーを運営している方 Read More...

 

以上です。

今後ともよろしくお願い致します。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました