【目標】目標はどうやって決めればいいの?4種類の目標。

【目標の決め方】4つの種類と目標の決め方を徹底解説!

 

参考文献:「エッセンシャル思考」

今回の参考文献はこちら。

 

著書エッセンシャル思考よりを参考に、こんなお悩みに応えていきます。

  • 目標がはっきりしない。
  • 目標の決め方がわからない。
  • 目標は、1種類じゃないの?

 

そこで、今回は4種類ある目標をそれぞれ解説した後に、目標を決めるときに押さえておくべきポイントを解説します。

 

目標の決め方】4つの種類と目標の決め方を徹底解説!

画像2
  • 価値観
  • ビジョン
  • 四半期目標
  • 本質的な目標

 

目標をはっきりさせることが大切

時間の使い方が上手になるから。

 

目標を明確にしていると、それ以外の事に時間を使わないようになります

 

例えば、会社に就職したいという目標があるとします。

この会社の就職したいという目標であれば、それに関係することに時間を使い、それ以外には時間を使わないということです。

 

詳しくはこちらの記事で解説しています。

【人生を変える】自分の人生を変えるための「6つのステップ」を解説

 

「目標はあるけど、途中で飽きてしまう」という人へ。

【飽き性対策】あれもこれも続かない飽きてしまうを無くす方法とは?

 

 

4種類の目標について解説!

画像2

著者は、目標を「4種類」に分けています。

 

 

①「価値観

画像3

平凡で一般的な目標のこと

 

例えば、「強くて優しい人でありたい。」など、「強くて優しい」は具体的というよりも一般的なものです。「強くて優しい人」は刺激的というよりは、平凡的です。

 

 

②「ビジョン

画像4

一般的で、刺激な目標のこと。

 

例えば、「全員がオンラインで繋がれる未来を創りたい」など、「未来」は具体的というよりは、一般的です。そして、「未来を創る」は平凡というよりは、刺激的です。

 

 

③四半期目標

画像5

平凡で、具体的な目標のこと。

 

例えば、「来月までに500g痩せる」など、「来月、500g」は一般的というよりは、具体的です。

そして、「痩せる」は刺激的というよりは、平凡的です。

 

仕事でも使う四半期目標

仕事でも「四半期目標」という言葉がよく使われます。

https://coteam.jp/note/why-quarterly-goals-shoud-be-set/

 

 

④「本質的」な目標

画像6

具体的で、刺激的な目標

 

例えば、SDGs「2030年までに世界で17の目標を達成する」など、時間や場所が決まっている。達成したかどうかが測定できるもの。つまり、具体的であり、刺激的です。

 

目標を立てるときに意識すべきこと

自分の目標を人に伝えやすくなる

目標を立てると、「自分の目標を人に伝えやすくなる」というメリットがあります。「自分の目標は4つのうちどれにあてはまるのかな?」と考えてみましょう。

 

 

まとめ

  • 目標をはっきりさせることが大切。
  • 目標には4種類ある。

 

4種類の目標

  • 価値観
  • ビジョン
  • 四半期目標
  • 本質的な目標

 

目標を決めるために、自分の価値観や軸を知ろう!

【価値観】自分が本当に「大切にしているもの」を知るための5つの質問

 

 

 

参考文献

 

著書「エッセンシャル思考