【目標】目標はどうやって決めればいいの?4種類の目標。

自分を変えるために
スポンサーリンク

目標はどうやって決めればいいの?4種類の目標。

今回は、著書「エッセンシャル思考」より、こんなお悩みに応えていきます。

  • 目標がはっきりしない。
  • 目標の決め方がわからない。
  • 目標は、1つじゃないの?

4種類の目標がある

画像2
  • 価値観
  • ビジョン
  • 四半期目標
  • 本質的な目標

目標をはっきりさせる。

時間の使い方が上手になる

目標を明確にしていると、それ以外の事に時間を使わない

例:会社に就職したいという目標

この会社の就職したいという目標であれば、

それに関係することに時間を使い、それ以外には時間を使わないということです。

目標を立ててはみたけど、途中で飽きてしまう。

【飽き性対策】あれもこれも続かない飽きてしまうを無くす方法とは?
飽きてしまう...続かない... 多くの人が、続けようと思ってもなかなか「続かない」ことで悩んでいることでしょうか?そこで、今回は「なぜ、人は飽きてしまうのか?」「飽きないための方法」について、ここに来てくれたあなただけにこっそり教えます。

4種類の目標

著者は、目標を「4種類」に分けています。

画像2

①「価値観」
画像3
平凡で一般的な目標のこと。
  • 例えば、「強くて優しい人でありたい。」など
  • 「強くて優しい」は具体的というよりも一般的なものです。
  • 「強くて優しい人」は刺激的というよりは、平凡的です。

②「ビジョン」
画像4
一般的で、刺激な目標のこと。
  • 例えば、「全員がオンラインで繋がれる未来を創りたい」など
  • 「未来」は具体的というよりは、一般的です。
  • 「未来を創る」は平凡というよりは、刺激的です。

③四半期目標

画像5

平凡で、具体的な目標のこと。

  • 例えば、「来月までに500g痩せる」など
  • 「来月、500g」は一般的というよりは、具体的です。
  • 「痩せる」は刺激的というよりは、平凡的です。
仕事でも使う四半期目標

仕事でも4半期目標という言葉がよく使われます。

四半期毎に目標設定すべき4つの理由│組織の対応力とマネジメントのレベルを向上させる
目標管理制度が、日本以上に発展している米国においては、目標サイクルの70%以上のが四半期ごとに設定されており、最もポピュラーな周期であると言われています。本記事では、四半期ごとの目標サイクルが最も多く選択されている4つの理由について解説します。

④「本質的」な目標

画像6

具体的で、刺激的な目標

例えば、SDGs「2030年までに世界で17の目標を達成する」など

時間や場所が決まっている。達成したかどうかが測定できるもの

目標を立てるときに意識すべきこと。

目標を立てたときに、自分の目標を人に伝えやすくなると思います。

自分の目標は4つのうちどれにあてはまるのかな?」と考えてみましょう。

まとめ

目標をはっきりさせる。

目標には4種類ある。

画像2
  • 価値観
  • ビジョン
  • 四半期目標
  • 本質的な目標

参考文献

著書「エッセンシャル思考」

 


トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました