【変える】人は何者にもなれる。だれでも。いつからでも。

自分を変えるために
スポンサーリンク

【変える】人は何者にでなれる。だれでも。いつからでも。

自分を変えるにはどうしたらいいのでしょうか?

今回は僕の経験をもとにその答えを探していきましょう。

実話:僕はこのように変わりました。

自分を変えるためにはどうすればいいのか?

自分をかえるための手順はこのようになっています。

まず、意識を変えるところから始まります

  1. 意識が変わると、入ってくる情報が変わります。
  2. 情報が変わると、行動が変わります。
  3. 行動が変わると、習慣が変わります。
  4. 習慣が変わると、結果が変わります。
  5. 結果が変わる。

意識から結果を変える」ことであなたは変わることができるといえます。

【人は変われる】変われないと思っている人へ。

例えば、あなたが医者になりたいなら…

あなたが「医者になりたい」とします。

①意識を変える

まず『医者になるためにはどうすればいいのか』を考えます。

今まで無関心だった「医者になること」意識がむき始めます

「意識を変える人」と「変えない人」の違い。

意識を変えるための「目標」のつくりかた。

②情報が変わる

意識が変わりはじめると「医者になるために必要な情報」を脳が集めはじめます。

医者になるために必要な資格や、学校など。

「医者になるために必要なこと」を調べ始めます。

現在では、SNSやネット検索ができるので便利ですよね。

情報を「整理」することも大切

③行動が変わる

入ってくる情報が変わると、自分の行動に変化が出てきます。

  • お医者さんの話を聞きに行ったり、
  • テレビで医者の番組を録画するようになったり、
  • 漫画や映画で医者の作品が気になってみたり、
  • 実際に資格を取るための勉強を始めたり。
  • 医学関連の学校に通ったりします。

「行動できる人」と「できない人」の違い

自分が「本当にやりたいこと」に出会うための考え方と行動

④習慣が変わる

行動が変化してくることで、普段の生活が変化してきます。

  • 医者についての情報を得る習慣
  • 医者になるための学校に行く習慣
  • 資格を取るために勉強する習慣がついてきます。

自分のことを少しだけ好きになるための習慣

⑤結果が変わる。

習慣を積み重ねることで、いい結果につながります

勉強、学校、情報のおかげで試験に合格し、医者になれました。

意識からはじまり、自分をかえることができました。

もちろん、医者になるいう目標を達成することも大切ですが、

もっと大切なものを手に入れることができるはずです。

大切なのは「結果」ではない。

ここで大切なのは、医者に実際になれることよりも、

今までの自分とは「全く違った自分に変われる経験」ができたということです。

まとめ

人は何者にでもなれる。だれでも。いつからでも。

  1. 意識が変わると、入ってくる情報が変わる。
  2. 情報が変わると、行動が変わる。
  3. 行動が変わると、習慣が変わる。
  4. 習慣が変わると、結果が変わる。
  5. 結果が変わると、あなたは変わる。

自分を変える。そして、自分らしく生きる。

参考文献

人は変われる。ただし2年かかる。でも、絶対に変われる。|高橋晋平/おもちゃクリエーター|note
今の世の中は少々、他人の不安をあおる言葉が多いように思います。 「このままでいいんですか?」 「圧倒的努力をしているか?」 「好きなことや、やりたいことで、生きていこう!」・・・ もしかしたら、僕自身も、日頃のSNSや、noteの発信の中で、誰かを不安にさせてしまっているかもしれません。特に日本人は、遠い将来Read More...
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました