ISSA★コンサル 挑戦する人たちの居場所

【価値観】自分が本当に「大切にしているもの」を知るための5つの質問

挑戦者たちへ

【価値観】自分が本当に「大切にしているもの」を知るための5つの質問

今回ご紹介する内容は、こちらの書籍を参考にしております。

 

こんなことで悩んだ経験はありませんか?

  • やりたいことがない
  • やりたいことがわからない
  • やりたいことが決められない
  • 起業や、副業など始めるきっかけにしたい

もしくは、今悩んでいることかもしれません。

その原因は、「選択肢」が多すぎるからです。

あなたが、この記事を真剣に読めば、あなたの「仕事、人生が変わっていく」「目標や夢を叶える」きっかけになると確信しています。

 

現代人の「1日」の情報量は、鎌倉時代の「一生分」

情報社会と言われる時代を生きる私たち現代人が受け取る「1日」の情報量は、鎌倉時代の人の一生分といわれています。私たちは、ニュースやSNS、テレビやラジオなど多くのメディアから、日々多くの情報を受け取っています。

 

古代から進化していない「脳」

そんな情報社会の中で、私たちは必要な情報そうでない情報を「分ける」ことが大切です。しかし、脳は古代よりさほど進化していないため、全ての情報は処理しきれません

 

情報を分ける「基準」と「価値観」

そこで、自分が本当に「やりたいこと」を見つけるために必要なことは….「基準」です!

その自分のなかで「基準を作る」うために重要なのが、今回ご紹介する内容「価値観」です。

 

自分が本当に「大切にしているもの」を知るための5つの質問

  1. 尊敬する人は?
  2. 思春期に影響の大きい経験は?
  3. 社会に足りていないものは?
  4. あなたは周りから見て何を大切にしてそう?
  5. 他人に伝えたいことはなに?

この5つの質問に答えてみてください

*メモ帳などに書いてみてください!

*参考になるかわかりませんが、僕の場合も記載していきます。

 

Q1:尊敬する人はいる?

  • 実在する人でも大丈夫。
  • アニメのキャラクターでも大丈夫。
  • 「なぜ、尊敬しているのか?」も書いてみると最高です。

 

僕の場合

  • 西野亮廣さん
  • 橋下徹さん
  • 中田敦彦さん 

理由

  • 戦略家であること。
  • 行動力があること。
  • 楽しそうに努力していること。
  • 未来を考えている。

この方々にはかなりの影響を受けました。

詳しくはこちらの記事で解説しています。

【ダイジェスト】なぜ僕が「留学」と「起業」を決意したのか?

 

 

Q2:思春期に影響の大きかった経験は?

  • 思春期の定義は「自由」です
  • あなたの思春期が、60歳なら60歳の経験を
  • 社会の常識や、周りの目は気にせずに。

 

僕の場合(参考までに)

  • 応援団長
  • 生徒会副会長
  • 部活での地区大会優勝

 

 

Q3:社会に「足りていない」と感じているものはなに?

自分の中での「理想の未来」「現実」とのギャップ

 

僕の場合

  • 自己理解するきっかけ
  • 多様性を受け入れること
  • 自由という考え方がない
  • 挑戦者を応援すること

 

Q4:自分は何を大切にしてそうだと思う?

友人、先輩、家族、先生などに聞いてみましょう。

 

僕の場合

  • 自由楽しむことを大切にしてそう。(友人から)
  • 自由とか自分の意思を大切にしてそう。(家族)

 

Q5:他の人へ伝えたいこと(助言)

  • 自分の後輩、子ども、大切な人などへ伝えたいこと
  • 自分が絶対に言いたくないこと」の逆のこと
  • 自分のなかでの「大切にしている言葉」など

 

僕の場合

  • 一緒にやってみよう
  • 行動してみよう
  • 君ならできる
  • 人は変われるよ

 

僕が絶対に言いたくないこと

  • そんなことやめときな
  • そんなことしても意味ないよ
  • どうせ無理だよ
  • 君は変われないよ

 

【簡単】価値観から「基準」をつくる3ステップ

  1. 似たキーワードをまとめてみる
  2. ランキングを作ってみる
  3. 仕事の目的にしてみる

 

①似た「キーワード」をまとめてみる

僕の場合

  • 挑戦
  • 行動
  • 自由
  • 考える

 

②「ランキング」をつけてみる

僕の場合

  1. 自由 
  2. 行動・挑戦 
  3. 考えること

 

③仕事の目的にしてみる

僕の場合

自分の考えをもとに、挑戦・行動していくこと。

 

【変化】自分の「価値観」から、情報収取が簡単に。

  • 脳が集中して情報収取できる
  • 情報収集の質や効率が上がる
  • やりたいことへの準備が加速する

あなたは、5つの質問に答えるだけで、自分の「価値観」=「基準」がわかりました。

あとは、これに関する情報だけを集めていくことを意識しましょう。脳が集中して情報収取できるので、効率も質も上がります。そうなると、やりたいことへ進むスピードも加速します。後の情報は、あなたの「基準」「価値観」から離れているので、あなたにとってはほとんど集める必要はありません

心理テストと性格診断もおすすめ。

 

まとめ

この記事では「【価値観】自分が本当に「大切にしているもの」を知るための5つの質問」というタイトルを下記のテーマにまとめて解説しました。

  1. ,「やりたいこと」が見つからない….
  2. 「やりたいこと」を見つけるために『基準』が大切
  3. 基準をつくるために、自分の「価値観」を知る

 

自分の「価値観」を知るための5つの質問

  1. 尊敬する人は?
  2. 思春期に影響の大きかった経験は?
  3. 社会に足りないと感じるものは?
  4. 何を大切にしていそうと言われる?
  5. 周りに伝えたい行動は?

 

価値観から「基準」をつくる3ステップ

  1. 似たキーワードをまとめてみる
  2. ランキングを作ってみる
  3. 仕事の目的にしてみる

みなさんが自分を知るきっかけになれば光栄です。

 

自分の「才能」を知るための方法

今回の記事では、みなさんの基準、価値観について知るための方法を解説してみました。

こちらの記事では、自分の「才能」を知る方法を解説しています。

自分の「才能」を見つける5つの質問はこちら。

 

参考文献

世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方 

 

以上です。

ありがとうございました。