ISSA★コンサル 挑戦する人たちの居場所

【最適年収】年収が高すぎて損をしないための「最適な年収」を解説!

お金の悩み


【最適年収】年収が高すぎて損をしないための「最適な年収」を解説!

  • どうも。
  • 大学生ブロガーの山村一颯です。
  • 実家の家計簿を500万削減
  • 積み立てNISAしてます
  • → 自己紹介はこちら。

さて。

今回は「コスパの良い年収」についてです。

会社員・事業者のみなさん、「コスパの良い年収」について考えたことはあるでしょうか?

  • 給料が増えているのに生活が楽にならない
  • 税金」で給料のほとんどが取られてしまう….
  • どのくらい稼ぐのがちょうどいいのか知りたい。

一言で「年収」といっても「高ければいい」わけではありません

そこで、今回は最適年収の3つのパターンを見てみましょう。

 

「最適年収」3パターンとは?

  1. 無税の年収
  2. コスパの良い年収
  3. 最高効率でお金持ちになる年収

順番に解説していきます。

 

①無税の最適年収

税金が一切かからない年収のことです。

 

無税」ということでお得に

  • 東京都在住
  • 自営業者
  • 専業主婦
  • こども2人
  • 年収500万円

例えば、以上のような家庭があったとします。

こちらが、「税金のかからない年収」となります。

 

【女性限定】専業主婦の方におすすめ

 

なぜ、「年収500万円」もあるのに税金がかからないのか?

その理由は、経費や各種控除で「所得がゼロになるから」です。

細かい計算過程は、今回のテーマではないので省略いたします。

→ 「お金持ちになれる黄金の羽の拾い方」幻冬舎/橘玲著

詳しくは、橘玲(たちばな あきら)さんが書かれた書籍がおすすめです。

 

続いて2つ目のパターンです。

 

②コスパのいい年収

  • 税率」が低い
  • 各種控除・優遇制度を活用できる
  • 普段の暮らし、老後の暮らしに心配がない

「コスパ」という点でお得になります。

 

年収600万円なら「300万円」もお得

  • 給与所得控除:164万円
  • 社会保険料控除:90万円
  • 基礎控除:48万円

年収ー各種控除=300万円

ということで、300万円が所得ということになります。

 

【無料】人生で損をしないためにお金の勉強しませんか?

 

所得300万円は「控えめな税率」

所得300万円は、税率10%のラインです。

住民税とあわせても20%なので、控えめな税率といえます。

 

心地よく暮らせる年収でもある

  • 税率は低い(住民税を合わせて20%)
  • 各種控除は基本的にすべて利用できる
  • 児童手当もカットされない
  • 各種公的支援も比較的受けられる
  • 今後のサラリーマン狙い撃ち増税の対象にまだならない

こういった理由から「年収600万円」は、心地よく暮らせる年収といえるでしょう。

 

【女性限定】理想のライフプランについて考えてみませんか?

 

年収600万円でできること

年収600万円は、手取りは460万円になります。

460万円はこのように使うことができます、

  • 30万円で生活をする(年間360万円)
  • 年間30万円を旅行などの娯楽に。
  • 年間70万円を貯蓄投資に。

 

「老後資金」の準備ができる

  • つみたてNISAで満額40万円
  • iDecoで満額26.6万円(人によって上限は異なります)

このように、ちょうど「非課税枠」を使い切れる金額です。

これだけでも、20年で「2400万円にはなりそうです。

(全世界株や米国株などで年利5%を想定)

「老後資金」の準備ができそうですね。

 

【無料】「資産運用」の勉強をしてみませんか?

 

ということで、年収「600万円」は、

  • 極端に税負担が大きいわけではない
  • 働き続ける限り現役時も老後も困らなさそう

 

青色申告を使って、無税で65万円の副業収入を得られます。

共働き年間100〜300万円稼いでくれる配偶者がいれば、かなりゆとりのある暮らしができるでしょう。

 

年収600万円は「現実的な目標

年収600万円は、給与所得者全体の20%

つまり、5人に1人になります。

なので、絶対に無理というわけではなく、かなり現実的な目標になるかもしれません。 

 

③最高効率でお金持ちになれる年収

法人をつくる

年収が2000万円を超えてくると、大体800万円ほどが税金・社会保険料となります。

そして、所得が4000万円を超えると、税率が55%になります。

  • 所得税45
  • 住民税10

この税金は、あまりにも重すぎます。

なので、収入がある程度増えた人は、法人をつくることを考えます。

 

法人をつくる

法人の所得にかかかる税率は約33%

  • 法人税
  • 法人住民税
  • 法人事業税等の合計

いったん、会社に売上を計上して、そこから自分に給料を払う方が安くなります

 

「分散する」方が税金が安くなる

個人で5000万円稼ぐより、

  • 個人で1000万円
  • 法人で4000万円

このように、最高効率でお金持ちになれる最適年収は、法人と個人の税率が同じようになるようにすればいいわけです。

 

個人の税率が「33%」になるライン

年収1300万円〜1400万円くらいです。

これだけ年収が高いと、各種控除が使えなくなりますが、あくまでも税率に着目して、所得をコントロールしましょう。

 

まとめ

この記事では「【最適年収】年収が高すぎて損をしないための「最適な年収」を解説!」というタイトルを下記のテーマにまとめて解説しました。

  1. 無税の年収
  2. コスパの良い年収
  3. 最高効率でお金持ちになる年収

以上です。

最後までお読みくださり

ありがとうございました。

 

【初心者】お金を学ぶならこの1冊で十分です。