【嫉妬】人はなぜ嫉妬してしまうのか?嫉妬しないための方法

人気記事
スポンサーリンク

【嫉妬】人はなぜ嫉妬してしまうのか?嫉妬しないための方法

どうも。大学生ブロガーの山村一颯(ISSA)です。

地中海に浮かぶ島国、マルタ共和国で留学をしたり、社会問題と向き合うために大学で経済学を学んだりしたりしております。留学の様子はInstagramで毎日発信しております。

さて。

今回は「嫉妬」についてです。

いきなりですが、「嫉妬(しっと)」とはなんでしょうか?」実際は多くの人が嫉妬した経験や嫉妬された経験があると思います。しかし、その答えを知っている人はおそらく少ないでしょう。そこで、今回は嫉妬しないための2つの方法について、ここに来てくれたあなただけにこっそり教えます。

今回の参考文献はこちら。

Think Smart 間違った思い込みを避けて、賢く生き抜くための思考法【電子書籍】[ ロルフ・ドベリ ]

嫉妬とは?

嫉妬とは、自分と似た人をねたむ」こと。

ギリシャの哲学者:「アリストテレス」の言葉

「陶芸家は、陶芸家をねたむ」by アリストテレス

つまり、人は

自分と似た人、同じ境遇にいる人に「嫉妬しやすい」ということです。

  • 同じ職種
  • 同じ世代
  • 同じ性別
  • 同じ地元

 

では、嫉妬しない人になるためには、どうすればよいのでしょうか?

嫉妬しないための2つの方法

  • 世界一の投資家の教え
  • 日本の新1万円札になるあの人の教え
  • 自分よりも優秀な人を認める

【1つ目】自分を理解する

偉人たちの考え方に嫉妬しないためのヒントがあります!

偉人①:世界一の投資家

能力の輪を把握せよ!」by ウォーレン・バフェット

能力の輪とは

能力の輪とは、「自分の得意なことの範囲」を把握しておくこと。

  • 自分がなにが得意なのか?
  • なにが得意じゃないのか?

自分の得意なこと人の得意なこと違うものです。あなただけが持っている得意なことがあります。それを見つけることから始めてみましょう。どうしても人と比べてしまう人へ。

偉人②:新1万円札の実業家

蟹穴主義であれ!」by 渋沢栄一

蟹穴主義とは

蟹は、「自分の体の大きさに合った穴」しか掘りません。

  • 自分の能力
  • どこまで影響力を持っているのか

これらのことを把握しておくことが大切ということです。そのためには徹底的に「自分について知る」必要があります。自分を知るためにするべきこと

【2つ目】自分より優秀な人を認める

山村一颯
山村一颯

皆さんも、ライバルを応援できない気持ちになったことがあると思います。これを社会的比較バイアスといいます。

社会的比較バイアスとは?

これは、自分がライバルよりも優秀でありたいという思いのことです。そのためにライバルの邪魔をしたり、失敗を誘う気持ちです。この考え方でいると、ライバルが常に気になるため物事に集中できない優秀な人を遠ざけてしまうなどの副作用のようなものが発生してしまいます。

関わってはいけない人の特徴

プロゴルファー「タイガーウッズ」
山村一颯
山村一颯

ゴルフで有名なタイガーウッズは、対戦相手が成功するように祈るといいます。このマインドでいると、自分も成功しやすくなると本人は語っています。

例:優秀な人材を遠ざけて衰退する会社
  1. 自分より能力の低い人だけを採用する
  2. だんだんと能力が低い人だけになっていく
  3. 衰退してしまう

このように、成功には「優秀な人材と一緒に切磋琢磨することが大切ということがいえますね。

まとめ

この記事では「【嫉妬】人はなぜ嫉妬してしまうのか?嫉妬しないための方法」というタイトルを下記のテーマにまとめて解説しました。

  • 嫉妬とは?
  • 嫉妬をしないための2つの方法

以上です。最後までお読みくださりありがとうございました!

自分が好きになれない人へ。

参考文献

山村一颯
山村一颯

今回は、「Think smart 間違った思い込みを避けて、賢く生き抜くための思考法」から、「嫉妬」についてご紹介しました。

電子書籍はこちら。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました