【人間関係】悩み9割を解消するために関わってはいけない人たち5選

自分を変えるために
スポンサーリンク

人間関係の悩み解消。関わってはいけない人5選

今回は「関わってはいけない人5選」を解説していきます!

関わってはいけない人たちとはどんな人たちなのでしょうか?

  1. マウントおじさん
  2. モラルおじさん
  3. いつも愚痴をいっている人
  4. キレている人
  5. 自分と相手の境界がない人

1人目:マウントおじさん

マウントおじさんの口癖

  • ああした方がいい
  • そんなことはしない方がいい
  • 私の時はこうだった
  • あなたのためを思っていってるんだ!

マウントおじさんの特徴

  1. コントロールしようとしているだけ。
  2. マウントを取り、自分の価値を感じている
  • こちらの話は聞かず、自分の話ばかり。
  • 教えるつもりはなく、自慢ばかり。
  • 馬鹿にするような言い方。

本当にあなたのことを思っている人は、

自分の話をするのはなく、あなたの話を聞いてくれる人です。


2人目:モラルおじさん

モラルおじさんの特徴

  • あまりな納得できない話をする。
  • 一方的で、話を聞いてくれない
  • 強引に押さえつけようとする。

正しいことは言ってるんだが…

正しいことをいっているんだが….

  • 自分のルールを押し付けてくる
  • 必ず、白黒つけたがる
  • ヒーロー気取り

正論自体はあってもいいけど…

  • 正論を振りかざすのがいいとはいえない。
  • 正論だけで物事は解決しない

人との対話に必要なのは、感情と論理

人それぞれ価値観は違いますし、感じ方も違います。

感情だけで動く人は危険です。


3人目:いつも愚痴を言っている人

いつも愚痴をいっている人の特徴

  • 相手を否定することで自分を正当化する。
  • 人のせいにする。
  • 口を開くと悪口。

自分は疲れるし相手も成長しない。

  • 愚痴を言っても何の解決にもならない
  • 相手の改善や成長につながらない。

こういう人は、あなたがいないところ

あなたの悪口を言っている可能性が高いです。

離れることをおすすめします。

4人目:キレてくる人

キレてくる人の特徴

  • つねにイライラした態度をとる。
  • 怒るのではなく、キレている。
  • 普通の対応でもキレる。

怒るとキレるは違う?

『キレる』とは?

  • 暴力で相手を支配しようとする
  • 怒鳴る
  • 物に当たる
  • 暴力を振るう
自分で感情をコントロールできていない状態

こういう人は、コミュニケーションが取れない。


5人目:自分と相手の境界線がない人

自分と相手の境界線がない人の特徴

  • 自分がこういっているんだからやりなよ。
  • あなたの考え絶対におかしい。などの否定。
  • 自分が攻撃されたと感じる。
  • 人の問題を自分の問題にしてしまう

自分の境界線とは?

相手が決めることができないこと。

  • 自分の考え
  • 自分がどう行動するか。
  • 自分がどう感じるか。

他人との境界線とは?

自分が決めることができないこと。

  • 相手の考え
  • 相手の行動
  • 相手の感情

 


まとめ

関わってはいけない人5選

世の中には関わってはいけない人がいる

  • マウントおじさん
  • モラルおじさん
  • いつも愚痴をいっている人
  • キレている人
  • 自分と相手の境界がない人

なるべく合わない選択を取るべし。

  • 付き合う人を選ぶ。
  • そういう人たちとは距離をあける。
  • なるべく会わないようにする。
  • 違う場所に移動する。

 

良い人ほどそんな人たちと上手くやろうとする人が多い

  • そういう風に学校で教わってきたから。
  • 話せばわかってくれるんじゃないか?
  • 対応の仕方を変えれば…
  • 機嫌を損ねないように

それでも、相手は変わらない。

自分が大切な人以外は相手にしても自分が疲れるだけです。

僕の考え

全員に好かれる必要はない。

地球上には、70億人の人がいます。

あなたを否定する人なんて、その中の数人です。

69億人以上があなたの味方

その数人以外はあなたの味方です。

(ちなみに僕も入ってます。)

そう考えれば、人間関係のいざこざなど

どうでもいいことでしょう。

こんな考え方になったのもつい5年ほど前ですが。

僕の考え方を変えてくれた本

【嫌われる勇気】僕の人生を変えてくれた1冊の3つの教え
大ヒットベストセラー「嫌われる勇気」
すべての悩みは対人関係の悩みである
「すべての悩みは対人関係の悩みである」とアドラーは言った。
『嫌われる勇気』200万部突破を記念して、著者2人による全国9ヵ所のトークイベント開催中!そこで改めて同書が説くアドラーの教えをじっくり考えるため、本文の重要箇所を抜粋して特別公開する。今回は「すべての悩みは対人関係の悩みである」とするアドラーの教えについて。

以上です。ありがとうございました。

参考文献

https://youtu.be/6ruvMYAe8cQ
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました