【嫌われる勇気】僕の人生を変えてくれた1冊の3つの教え

自分を変えるために
スポンサーリンク

僕の人生を変ええてくれた1冊の3つの教え

今日は、名著「嫌われる勇気」から、3つの考え方を学びます。

  1. 人は変われる
  2. 世界はシンプル
  3. 誰もが幸福になれる

この3つを見て、多くの人がこう思ったと思います。

多くの人は、この本と主張が逆?

いやいや、無理だよ。

  • 人は変われないし、
  • 世界はシンプルじゃないし、
  • 誰もが幸せになれるわけでもないだろ。
  • どうせこんな世界で幸せになれない。

もしそうであれば、みなさんの主張180度変わるかもしれません。

①人は変われる。

トラウマなんて存在しない。だから人は変われる。

ツッコミ

いやいや、トラウマはあるよ!

あの頃のあれがつらくて、今でも思い出すよ…

  • 小学生の時に、親からこんなこと言われた
  • 担任の先生にこんなこと言われたんだよ
  • 失敗してみんなから笑われたんだよ

などなど

トラウマがあるから、人は変われないんだよ。

トラウマがあるという考え方

原因論:過去が「原因」で今がある

・昔、暴力を彼氏に振るわれたから、今は男性のことが信じれない私になった。など

目的論と原因論とは?ビジネスシーンで考えるアドラー心理学
「原因論」と「目的論」という言葉を知っていますか? アドラー心理学で用いられていることで有名な概念で…

アドラーの主張

それは違う。

原因だけ言っていても何の改善にもならん。

トラウマなんてなくて、あなたが、トラウマを利用しているんだ。」と。

「トラウマはない」という考え方

目的論今のままが楽だから、過去のせいにしているだけ

赤面症の女の子:赤面症でなければ、告白したい

赤面症を理由にして、振られるのは怖いから、告白できない状態をキープしている。

アドラーは、「勇気の心理学」

人は、トラウマや怒り・劣等感さえも道具として使っている

大切なのは、変わる勇気。変わりたいと思う気持ちなんだ。

②世界はシンプル

大体はあなたの課題じゃないだから、世界はシンプル。

「全ての悩みは対人関係」

対人関係をクリアにすれば、悩みはほとんどなくなる。

  • お金
  • 仕事
  • 交友
  • 愛情

全てのものが人と比べるもの」で、他人がいないとなり立たないもの。

他人と比べる「くせ」をなくす方法。

③誰でも幸せになれる。

幸福になるには、他者に貢献すること。

ツッコミ

幸福は、これだけじゃないよ!

アドラー

大富豪になった人たちが、まだ仕事をしているのはなぜだと思う。

それは、「他者に貢献したい」からだ。

他者に貢献することで、自分の存在していることを確認するんだ。

「人生は、線ではない。点だ。」

人生は、いつ終わるかわからない

でも、その時その時に、他者に貢献できていると感じるとき、すでにゴールしている。

あなたは、すでに幸福だ。人生は点なんだ。今に集中するんだ。

ツッコミ

でも、それって普通じゃない?

アドラー:嫌われる勇気とは、「普通である勇気」

そうだよ。普通でいいんだ。

でも、みんなに貢献できてる。自分は幸せ。

それでいいじゃない。

嫌われる勇気とは、「普通である勇気」でもあるんだよ。

まとめ

今日は、名著「嫌われる勇気」から、3つの考え方を学びました。

  1. 人は変われる
  2. 世界はシンプル
  3. 誰もが幸福になれる

参考文献

著書「嫌われる勇気」

僕の人生を変えてくれた本。

 

アドラーについてもっと知りたい方へ。

3つの教えを実践する。

【嫌われる勇気】褒めるな。やってはいけない3つのこと。
大ヒットベストセラー「嫌われる勇気」


今日は以上です。ありがとうございました!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました