【進路選択】僕が「国立大学」の推薦を断ったある1つの理由。

プロフィール
スポンサーリンク

僕が「国立大学」の推薦を断ったある1つの理由。

それは、「自分のやりたいことではなかった」からです。

しかし、そうはいっても実際に断る人など少ないでしょう。

人生の選択をしている人へ

今回は、お悩み解決というよりみなさんへの「問いかけ」になります。

  • 受験
  • 就活
  • 転職

「自分の人生を自分のものに」

  • やりたいことじゃないんだけど選んでしまう。
  • 周りに流されてしまう。
  • 自分がやりたいことがわからなくなる。

こんな方は、自分らしさを見つける参考になればと思います。

〜進路選択の悩み〜
  • 1位「学力が足りないかもしれない」・・・58.4%
  • 2位「自分に合っているものがわからない」・・・38.3%
  • 3位「やりたいことが見つからない・わからない」・・・32.7%
高校生の進路選択でよくある7つの悩み【解決策付き】 | Edv Magazine
高校生になると始まる進路相談。将来の夢や目標が無く、受験する大学が決まらない人や自分の向き・不向きが分からないため志望大学で夢を叶えられるのか不安な人も多いと思います。ここでは高校生の進路選択でよく起こる悩みとその解決策について解説します。

「国立大学」からの推薦

高校3年生の夏です。

ある国立大学から、推薦枠をいただきました。

学校で課外活動をしていたので、推薦枠にあてはまるのは僕だけでした。

さらに条件は、

  • センター試験をパス
  • 成績書類と面接のみ
  • 実家から通える大学
  • 3年生の夏に決まるという好条件でした。

その上、

  • 成績
  • 面接

問題なかったのですが…

1つの疑問

1つだけ 自分の中で、 疑問が残りました。

それは、『自分が本当にやりたいことなのか?』ということです。

実際、その学部は『自分が学びたいこと」ではありませんでした。

私は高校生ながら、

  • 先のことを考えたり。
  • 周りの評価を考えたり。
  • お金のことを考えたり。
  • 受験の苦しみから逃れることを考えたり。
  • 好条件だからなと考えたり。

悩んで。悩んで。悩んで。悩みました

自分の中で、1番大切なことは?

しかし、

このまま悩んでいても答えは出ないのではないのか?」と気づき、

自分の中で、1番大切なことはなんだろう?」と考えることにしました。

  • 学歴を含めた、
  • 周りからの評価でも、
  • 好条件だから

ということではない。

優先順位の決め方。

自分がやりたいと思うことに進むことだ。

そして、僕は推薦を断り、進学するために上京を決意しました。

今でも、この選択に後悔をしたことは1度もありません。

でも、自分の人生を自分の手で切り開いていくことは「勇気」が必要です。

なぜ、そんなに「勇気」や「覚悟」を持てたのか?

1冊の本との出会いが「僕」を変えた。

名著「嫌われる勇気」

  • やりたいことじゃないんだけど選んでしまう。
  • 周りに流されてしまう。
  • 自分がやりたいことがわからなくなる。

僕もそうでした。でも、変われました。

まとめ

自分の心の声や、自分の選択を大切にして下さい。

また、選択をさせてくれた周りに感謝することもお忘れなく。

【進路選択】他の人は関係ない。あなたは本当にそれでいいの?
『大学進学』を考えているすべての人へ。

以上です!ありがとうございました!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました