【進路選択】他の人は関係ない。あなたは本当にそれでいいの?

自分を変えるために
スポンサーリンク

他の人は関係ない。あなたは本当にそれでいいの?

  1. 自分がどうしたいのかが大切。
  2. 目的や目標がなくてもいい。
  3. 目的地を決めてみる。

①周りにながされる学生たち。

僕の同級生のほとんどが、

  • なんのために大学に行くのか?

  • そもそも大学に行く必要はあるのか?

という問い答えられず、

  • 先生
  • 周りの意見

大学を選び、受験していました。

  • 皆さんの周りはどうでしょうか?
  • 皆さん自身はどうだったでしょうか?
  • 進路選択を控えている方は、自分だったらどうしたいですか?

学校に行かないという選択肢もある

【ゆたぼん君】学校に行ったほうがいい?「科学」で証明してみた。
学校に行ったほうがいいの?

②目的や目標がないことは悪いことじゃない。

目的や目標、夢を持っていないことは、恥ずかしいことではありません。

  • 先生
  • 周りの人

なくても大丈夫。

【将来の夢】夢や目標がない、わからない?そもそも必要?
様々な場面で、聞かれる『自分の夢や強み』。 返答に困ることも多いのでは?それも今日でお別れ。

どうしても不安なら、つくってもいい。

【目標】目標はどうやって決めればいいの?4種類の目標。
目標がはっきりしない。目標の立て方と種類。

③目的地を決めていく

自分はどうなりたいのか? 」が大切ということです。

実体験:進路選択で悩んだ話。

『今日が人生で、一番若い日』

  • 『もう自分は、○○歳だから遅い』
  • 『まだ、自分には必要ない』

注意すべき3つのこと

1つ目:なんとなく大学に行く

いろんなことで、後悔をする。

  • 時間やお金が無駄になったような気がする
  • 自分がやりたいことができない
  • 嫌なことを我慢しながら通う

こんなことになってしまいます。

大学の価値は下がっている

また、最近では『大卒』は、希少性が低くなっています。

つまり、

大学を卒業する人は、価値が低くなってきている

ということです。

大学の進学率

大学や短期大学への進学率の推移は?男女や現役、浪人での数字はどうなっている?
この記事では、大学や短期大学への進学率の推移をまとめています。男女別や現役、浪人での違い、大学、短期大学それぞれの進学率のデータをまとめています。

大学進学以上の価値が求められている

2つ目:学歴・資格が欲しいから

本当に必要な資格かどうか?

これを考えているか、いないかでは全く違います。

  • モテたい、
  • 称賛されたい

のであれば、他にも方法はたくさんあります。

あなたが目指している資格や学歴が、本当に必要な資格や学歴なのかを考えてみよう。

3つ目:奨学金を借りる

奨学金 = 借金

先輩にもよくお話を聞きますが、

奨学金は社会に出た後、大きな足かせになる場合が多いです。

利息も付くので…

親の時代

親の時代は「無利子だったり、良かった時もあったそうです。

今とは違うので、親に任せるのではなく

  • まずは自分で調べてみる
  • お金がどのくらいかかるか知る。
  • 自分では払えない額だと知る。

これが、大切です!

だから、親にも感謝できると思います。

大学に行く責任感も生まれると思います。

まとめ

自分の人生に本当に必要か、考える

目的のために必ず必要な方法なら大学へ行く

  • 時代と共に手法も変わる
  • 大卒で選択肢も広がるのは確か

なんとなくなら行かなくてもいい

家族とよく話し合う

家族と話すことで、いいアドバイスがもらえたり、スッキリすることがあります。

視野を広げるためもいいけど

視野を広げるための大学もいいですが、

  • 海外へ行く、
  • いろんな人に会う、
  • 本を読む、
  • SNSで発信する

視野を広げるなら他の方法はいくらでもあります!

今何ができるのか?

404 NOT FOUND | ISSA@コンサル
飛騨と世界をつなぐ国際大使

以上です!ありがとうございました!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました